« 生協病院わくわく広場 | トップページ | 箕輪町沿線 »

2013年2月26日 (火)

プリザーブドフラワー製作

2月21日(木)、近隣の市のハウスメーカーでプリザーブドフラワー教室があったので行ってみました。 前回他の教室に行ってつくった作品とプリザーブドフラワーの説明を書いている記事はこちら
今日初めてお目にかかるM先生は伊那市でプリザーブドフラワーアレンジメント教室を主宰しています。今回のアレンジメントは毎月単発で開いている講座でした。
今回のテーマは『春のフラワーボックス』。
花材はプリザのバラがオレンジ3輪、黄緑2輪、あじさいはピンク、コケ(モス)。アーティフィシャルフラワー(造花)が紫のパンジー3輪、ミモザ数輪でした。
花材に針金(ワイヤー)を通したり引っ掛けてスポンジに挿しやすく下準備をして、後はひざの上に乗せた子どもに自由に挿してもらいました。
ボックスに入るように、見映えがするように、尚且つ美しく作るのにはとても悩んだり考えたり非常に頭脳と感性を使います。でも、子どもにやらせたら(やってもらったら)もちろん美的センスや他人の目なんて関係なく本能のままに気ままに挿していきました。勢いあまってスポンジに指まで突っ込んでいるけどね。先生も驚きの速さで終了。
フラワー

出来上がった作品。他の生徒さんの作品と並べるとアラが丸見えですが、単品の写真で見るとまあ何とかいけてます!(先生に手直しもしてもらいましたけど)
フラワー

楽しかったです。M先生、どうもありがとうございました。

« 生協病院わくわく広場 | トップページ | 箕輪町沿線 »

育児」カテゴリの記事