« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月の記事

2013年1月31日 (木)

長田保育園のんたん

1月30日(水)、長田保育園の園開放日、のんたんに行って来ました。
この日は「ごっこあそび」。園児たちが屋台やゲームセンターの売り子さんに扮してお店屋さん「ごっこ」遊びをしているところに未就園児も入れてもらいました。
屋台ブースではいろいろな食べ物が提供されていておいしそう。かわいい呼び子さんが「いらっしゃいませ」と大きな声で盛り上げていました。


屋台の食べ物。プリンやショートケーキ、アイスも売っていました。(折り紙や画用紙でできているけど本物そっくりにできているよ。)
たじたじしている2才児に注文を聞いて玉子のおすしを持ってきてくれたのは年長さんの女の子。さすがにしっかりしているなあと感心しました。


ゲームセンターのボーリング場。店員さん自ら遊んでしまう年長男児が多かった。


ステージ上にはおさいせん箱があり、がらんがらん2拍してきました。


長田保育園の先生と園児の皆さん、どうもありがとうございました。

2013年1月30日 (水)

三日町保育園ののんたん

1月29日(火)、三日町保育園の未就園児のための園開放日「のんたん」に行ってきました。
今日は「運動遊び」。先週もお世話になった運動保育士のK先生の指導の下、遊んできました。

今回の準備体操は柔軟を重視した「ちらし寿司」と「大根の漬物」。身体を酢飯と刺身に見立てて食べちゃったり、引き抜いてきた大根(大根こぎと言うらしいです/扱ぐ>こ・ぐ=根から引き抜く)を塩漬けにして樽につけたあと食べたり、という過程でこどもの身体をこちょぐったり伸ばしたりしました。

子どもの身体をロケットに見立てて高い高いの状態で空中散歩とか、子どもの運動だけでなく親の体力も問われます。でも子どもの体重的に持ち上げるのは未就園児の時期が限界で、またギューと抱きしめて「幸せホルモン」を分泌させてあげることができるのも今の時期がいちばん適していると言うことなので、おうちでもやりましょうとのことです。

珍しくお父さんも参加していました。K先生はぜひともお父さんにやってもらいたい「前で回転、背中で滑り台」も教えてくれました。これもおうちでお父さんに教えてあげましょう。
・・・ちなみに参加した男性はうちの子どもの父親です←たまたまお休みでしたのでのんたんに行こうと誘ったら一緒に来てくれました。機会があったらお父さん参加もぜひ!!

アスレチックの様子。




K先生の相棒。前回より写りが大胆になっています。
K先生、三日町保育園の皆さん、ありがとうございました。


2月にも各園の園開放日が目白押しです。
詳しくは役場子ども未来課、もしくは各園にお問い合わせください。

のんたんが終わった後、ひよっこ広場役員会議でした。いよいよ来年度のいろいろの決定です。

2013年1月28日 (月)

げたスケート体験会

1月27日(日)、上古田のスケート場で 昔懐かしい「げたスケート体験」ができるイベントがあったのでまたしても行ってきました。先週の記事はこちら
昔懐かしいと言っても私の時代はもう靴タイプでしたよ。体験会にも行ったことないからはくのはたぶん初めて。



箕輪町郷土博物館に保存してあるものと、個人で所有しているものを貸し出してもらいました。昭和30年代後半から40年代前半まで使われていたものです。その後は靴タイプになりましたが、ここにあった下駄スケートは全てまだ現役のようです。鼻緒を挿げ替えれば結構使えると言うことですが、その技術を持っている履物やさんが少なくなっているので探す方が大変だとおっしゃっていました。
横から見るとこんな風。


装着の仕方は下駄やぞうりを履くのと同じ。げたに紐がついていて、足の甲と足首としっかり巻きつけてできあがり。全部やってもらいましたけどね。

なんか、ダサい靴下とズボンですみません。

氷の上にも普通に立てるし、前に進むこともできたので「いいね!」と思ったのですが、時間が経つにつれ苦痛になってきました。薄い靴下だけでは氷上の冷たさには耐えられず、足首にじかに巻きつけてある紐が食い込んでいたーい!!。10分程度でギブアップでしたよ。
所有者に方に聞いたら「足袋でスケートを履くといいよ」とのことでしたので、着付け用の足袋があるのを思い出したのですが、見せてもらったものは地下足袋でした。確かに着物用はやっぱり薄いよね、裏もすべるし。

今日は天候も良く、にぎわっていました。


10時になり終了、そしてお掃除。


上古田スケート場は来週の週末をもってシーズン閉場となります。
御神渡りはできていませんでした。

2013年1月26日 (土)

本のリサイクル譲渡会

1月25日(金、朝吹雪)に支援センターに行ってきました。お目当ては「本のリサイクル譲渡会」です。 前回4月に行なわれた時の記事はこちら
読まなくなった本を欲しい人へとつなげていくこの企画は、町役場、図書館、文化センターに置いてあるリサイクル絵本ボックスに入れてもらった本が主役です。今回もたくさん集まりました。
11:30に支援センターに着いたけれどいい本がまだまだたくさんありました。年齢層が小学生の児童文庫もあって、小学生の兄弟を持つお母さんも喜んでいました。
ひよっこメンバーも大勢来ていてそれぞれ好きな本を持って帰っていました。



大人1人3冊までもらえます。


リサイクル本には下のようなシールが貼ってあります。


絵本もたくさんの人に読んでもらうと嬉しいと思います。読まなくなったらまた絵本ボックスに入れて次の人にまわしましょう。ありがとうございました。
なお、この企画は2013年1月25日・26日朝9時から夕方4時まで行なっています。ぜひどうぞ。


運動遊び

1月24日(木)、松島コミュニティーセンターで町の子育てサークル「こぶたクラブ」さんの公開活動「運動遊び」があると当日知ったので、急遽行くことにしました。

指導はおなじみ町の運動保育士K先生です。
今日は未就園児でも月齢の小さな子どもがたくさんいることや、畳張りの上の遊びということもあり新聞紙を使った親子運動をたくさんしました。

ふれぷれ体操という動物や乗り物のまねっこをする体操を親子でくっつきながら準備体操をした後いよいよ運動遊びです。
子どもが乗った新聞紙を引っ張って重心感覚を養う「サーフィン」や、新聞紙を折りたたんだ物をだんだん高くして跳躍力をつける「ジャンプ」など、新聞紙1枚でもいろいろな遊びができることを再発見。すごいぞ新聞紙。

一緒に行ったKちゃんSさん親子の華麗な新聞乗り。
運動遊び

他に鉄棒の逆上がりで回転感覚を身につけることを教えてもらったり、
運動遊び

座布団の上をはねて進んだりしました。


しっかり歩けるようになる2才児~3才児までの時期に指導してもらいながら運動遊びをすることは、大きな成長につながるそうです。回転や高所などは園生活に入る年齢になると恐怖を覚えてできない子もいるというので、小さいうちから慣らしておきましょうというのも運動遊びの狙いの1つだそうです。
K先生ありがとうございました。

*おまけ 運動保育士先生のいつもの相棒
運動遊び

1月29日(火)には三日町保育園の園開放日「のんたん」でK先生による運動遊びが開催されるので、行ってみてはいかがでしょうか?

こぶたクラブさん、おやつまでいただいてどうもありがとうございました。

2013年1月24日 (木)

わらべうたと笑いヨガ

1月22日(火)雨降り、町文化センターで行なわれた『わらべうたと笑いヨガ』のこうざへ参加してきました。
わらべうたは対象が妊婦さんとねんねのあかちゃんでしたが行ってみたら半数が知っている顔の2才児(ひよっこメンバー)でした。賑やかな会になりました。
その後は笑いヨガ。こちらは年配世代の女性たちと未就園児の親子あわせて30組ほどが参加しました。でも親子の方の反応は薄かったな。
先生の話によると「周りが見えてくる赤ちゃん~子ども世代は一日200回~300回笑うけれど歳を重ねるにつれてだんだん笑わなくなってくる、そのために笑って身体をほぐすためのヨガ」らしく「はじめは作り笑いから始めましょう」だったので、毎日毎日子どもと向き合って喜怒哀楽を共にしている母親たちにとっては「なんで今更無理やり笑う?」感があったのかもしれないね。なので早めの切り上げになりました。
もし育児に疲れすぎて笑うことができなくなってしまった場合は支援センターに行って先生や他のおかあさんとお話したり、「ひよっこ広場」のようなサークルに入ってみたりとかはいかがでしょう?1月25日、26日に支援センターで「リサイクル本譲渡会」もありますし、2月18日にはひよっこ広場の来年度メンバー募集のための公開講座「ケリー先生の英語遊び」もあります。(10時より松島コミュニティーセンターにて)

笑い方を忘れてしまったという時は『オオグチボヤ』という生物に教わるのもいいかもしれません。

2013年1月23日 (水)

第17回ひよっこ広場『デコスウィーツ』

1月21日(月)、第17回ひよっこ広場がありました。 今日は『デコスウィーツ講座』。H先生をお招きしてかわいいものを作りました。
この日は一般参加募集を紙面に載せたので全体で20組越えの大盛況でした。
会の流れとして①あいさつ・出欠席確認、②手遊び・絵本読み聞かせ、③ひよっこ広場初めての参加者のための会の説明、④デコパフェストラップ作り、⑤もぐもぐタイム(軽食時間)です。が、代表(私R賀ですが)がこれまたあいさつやトークが苦手&下手でして、要領を得ない進行となりました。せっかく来てくれた皆さん、わかりにくくてすみません。

デコスウィーツ作りの時間が始まりました。
『ミニパフェの容器に樹脂粘土でできた好きなパーツを選んで自分好みのストラップを作りましょう』というなんとも女子がうきうきするコメントを下さったH先生に教わってパーツを選びます。


パーツはほんとに指先に乗るくらいのショートケーキやゼリー、本物そっくりのりんごやアイスでいっぱい。乙女は目移りしながらどうしようかと悩み、子どもは食べていいのかどうかと悩んでいました。


テーブルに分かれての作業の様子。容器に生クリーム樹脂を盛り盛りして先ほど選んだミニパーツをかたち良のせるのですが、どうするかほんとに悩みどころで脳内活性化。みんな必死です。




自分の作品ができたところで、今日お休みの人の分を各班の共同作業で製作しました。さっき作った安心感と自分の分ではないという自由感で現実にはありえないパフェの出来上がりを見せたものもありました。現メンバーと見学参加者の仲も縮まりました。


出来上がった作品。現物は4cn~5cmくらいです。


おいしそう


作品を一同にテーブルに並べてみました。こんなにいっぱいのパフェ、見たことない!!


もぐもぐタイムの様子。残念ながらパフェは食べられません。みんなおにぎりとかパンとか食していました。


忙しい中パーツ作りと楽しい時間を教えてくれたH先生、急遽子どもたちの世話を引き受けてくれたNさん、紙面を見て参加してくれた皆さん、どうもありがとうございました。

本日の絵本読み聞かせ / 「のんたん おはよう」 キヨノサチコ


本日の手遊び / 「おおきくなったら」


2013年1月21日 (月)

ご挨拶

こんにちは!
このブログは長野県上伊那郡箕輪町公認で活動中の子育てサークル「ひよっこ広場」です。
私は2012年度ひよっこ広場代表のR賀と言います。 ひよっこ広場は未就園児と保護者が集まっていろいろな企画で遊んでいます。

月2回ほど箕輪町文化センター等で活動していますので、気になる方は連絡をください。
(箕輪町役場子ども未来課にお問い合わせください。)

文化センターの正面入り口
?ひよっこ広場です?

2012年度の実績

活動日:第1・3月曜日(変更になることもあります)

場所:箕輪町文化センター他

時間:午前10時~11時30分頃まで

参加者:箕輪町に住んでいる未就園児の親子、保護者

2012年度の年会費:前期(4月~9月)・後期(10月~3月)各500円(二人目は半額)でした。(2013年度は変更があるかもしれません)
内容によって徴収がある時もあります。(今年度は夏祭り会食パン代200円)
*中途加入退会の返金あります。

ひよっこ広場メンバー募集のポスターを2012年10月ころ新規作製しました
表面は『ひよっこ広場』の募集概要、裏面はこれからの後期の活動内容を載せてあります
箕輪町役場子ども未来課前、文化センターロビー、支援センター、図書館、保健センターに張ってありますので御覧ください

ひよっこ広場メンバー募集ポスター

ひよっこ広場メンバー募集ポスター

2013年度の新規加入メンバーも大大大募集中ですのでぜひ箕輪町役場子ども未来課にお問い合わせください。
今年度いっぱいはひよっこ広場の活動のみならず箕輪町のいろいろなイベントの体験をブログにアップしますのでお願いします。

なお、この「ご挨拶」の文書は何回も使い回しをしています。

2013年1月20日 (日)

またしてもスケート

まあ訳あって1月20日が上古田スケート場2回目の来場です。 前回の記事はこちら
訳あって着時間も9時30分・・・。天気が良くて駐車場もいっぱいで利用者もわんさといました。





青空とリンク


子どもたちが座ってもつかまってもいいように椅子がありますが、時間内はほぼ全て出張していました。


10時になりアナウンスで終了。みんなでお掃除します。


無料のレンタルスケート靴は17.0cmからあるようです。
うちの15cmはブーツで歩きました。



わらべうた遊びに行きました

1月17日(木)、町図書館世代間交流室で行なわれた「わらべうたで遊ぼう」に行きました。
講師はおなじみ榎田先生です。
20組くらいの親子が集まって先生と輪になって子どもの手のひらと一緒に「ここはてっくび」や円になっておんぶで「まめがら」を、他にもいくつも口ずさみました。


2013年1月19日 (土)

ひよっこ広場年間活動内容

2012年度ひよっこ広場の年間活動内容です。
<前期>
4月・・・「始まりの会」
5月・・・消防署見学、外遊び
6月・・・リトミック、歯科衛生士の話
7月・・・図書館見学、プール遊び
8月・・・秋祭り準備
9月・・・秋祭り、茶話会

<後期>
10月・・・運動遊び、運動会
11月・・・おやつ作り、ヨガ
12月・・・クリスマス会準備、クリスマス会
これからの予定
1月・・・・デコスウィーツ
2月・・・・面白先生を呼んで遊ぼう、英語遊び
3月・・・・お別れ会
毎回連絡網メールをまわしますので、都度確認してください。

2013年1月15日 (火)

また大雪降ったよ

1月14日(月・祝)今日は成人の日です。でも、ここ長野県上伊那郡箕輪町の成人式典は今日ではありません。昨日でもありません、今月にはありません。式典は8月お盆です。隣の伊那市の旧市内も式典は8月お盆です。どうしてなんでしょうね?
平成24年長野県市町村別成人式 一覧表を見たところ、1月中とお盆時期に成人式を開催しているところは 半々くらいでした。
でも箕輪町は『全員が20歳を迎えてから』の成人式になるのですが、同じお盆開催でも『これから誕生日が来て20歳になります』の学年の成人式もあるのですね。やっぱりみんな20歳を迎えてからの方が何かと安心なところはあります。

そんな全国的に成人の日の今日14日、ドカ雪が降りました。しかも全国的、東京でさえ。
雨交じりの湿った重い雪で思いきり積もる、雪をかいてもかいてもまた積もる、そしてジャンバーはびしょびしょ、道路はわだち、うちの中は寒いとほんとに散々な一日でした。

でも一夜明けて15日、朝は除雪や凍結のため交通渋滞がひどいとラジオで言っておりましたが、昼間はお日様照って雪も解け始め冬らしい光景と思えるようになりました。
地区の子育て学級に行った際の国道153号線バイパス。


新雪を踏み込む子ども。木の陰に見えるのは以前作った雪だるまの残骸。


前日に毛糸の帽子とウィンターグローブを買っておいて良かったです

おはなしこんにちはに行きました

1月12日(土)、上古田のスケート場に行った後、’そういえば今日図書館で『おはなしこんにちは(読み聞かせの会)』があったかも’と思い出して、慌てて図書館に向かいました。スケート場から図書館までは15分弱くらいでした。
10:30の開演時間間際に図書館に着いたら読み聞かせ担当の虹の会の方たちが玄関までお出迎え。 それといつもは館内にオルゴールのBGMがながれていますが今日はなにやら自分の耳を疑ってしまう音色が響いていました。



なんとお琴の生演奏がありました。
1月正月にちなんだ「たこあげ」やみんなが知っている「きらきら星☆」をきかせてくれました。
その後は絵本読み聞かせ、パネルシアター、紙芝居と続いてこちらもやはり正月に関連した内容でした。

そして工作で作ったものは「くるくるたこ」
紙を切って貼り付けて棒につけてもって走るとくるくる回るもの。(説明が雑ですみません。)

2013年1月13日 (日)

スケート場へ行って来ました

1月12日(土)、上古田地区にある上古田スケート場へ行きました。
箕輪町の総務課総務広報係が配信している「もみじちゃんメール」(メールマガジン)の「ものしりもみじちゃん☆1月号」に『スケート場開場しています』なる記事が載っていました。私R賀もスケートは多少心得があるので子ども二人を連れて行って来ましたよ。
場所は「上古田のこいのぼり」や「上古田保育園」 や「花街道まつり」 や「青いアサガオ」や「赤そばの里」がある上古田地区の上古田運動場です。
県道与地辰野線に標識があります。

県道から入る道はとても狭いので注意が必要です。



てっきり田んぼリンクだと思っていたのにグランドがスケート場になっていてびっくりしました。白い旗は滑走可の印。不可のときは赤旗です。
9時10分くらいに着いたけれど結構大勢が滑っていて、スケート初の子ども2人連れ+ブランク何十年?の私にとっては少し恐怖でした。


事務所で手続きをして靴を借り、いざ出陣。
入場料、貸しスケート靴共に無料です!!
上の子どもはスケート靴を履いたけれど下の子どもは無理そうだったのでブーツで氷上に繰り出しました。


でも来たのが遅かったせいかだんだんと人数も減っていっていました。


ぶつかる心配がなくていいけど。


滑れない子には椅子の貸し出しがあるので乗せて押してあげてもよし、背もたれにつかまって滑り方を教えてあげるのもよしです。


陽が照っていて氷上がまぶしい。




氷の表面が削れていました。でも水ではないのです。この状態でもまだ氷です。


10時になりアナウンスが入って終了となりました。靴は脱いで刃をタオルでふいて返却します。
それから15分間みんなで竹箒やブラシを使ってお掃除をします。


関係者からお話を伺ったところ、このスケート場は上流からの用水を引き込んで凍らせた天然リンクなんだそうです。この地区は冷え込みがとても厳しくこれだけ広いグランドに40cmの湖面を作っても2~3日で全面結氷するとのこと。
平日は近くの小学校の授業で使われているようです。
私もその昔、他市ですが小学校の校庭に水を入れて作ったスケートリンクで滑走していました。朝早くに学校に行って滑って転んでひざに大きな青あざを作って・・・と懐かしい思い出がよみがえりました。そのおかげで今日何とか立てて滑れましたよ。
子どもも嫌がらずに挑戦していたし、「また来る」と言っていたので次回は明日です。
あ、筋肉痛はいつくるかな?

上古田スケート場
期間:2月3日(日)まで(天候により変更あり)
滑走時間:平日午前7時~7時40分まで、土日午前7時~10時まで。
入場料、貸しスケート靴共に無料。
ウエアー、帽子、手袋は持参すること。防寒対策をすること。

2013年1月 9日 (水)

シャボン玉しました

1月9日(水)、陽射しも温かく風もあまりなかったので天竜公園に行ってきました。
誰もいないであろうことを見越してシャボン玉を持っていきました。案の定誰もいませんでした。
100円ショップで買った輪っかのセットを持って行きました。


が、液の粘り具合は悪いしトレイの中で泡立ってしまうし、息を吹きかけてもシャボン玉にならず飛沫になる始末。
風が吹くといくつかは玉になって飛んで行きましたけどシャボン玉を楽しむと言うほどではありませんでした。
子どもは数少ないbubblesを楽しんでいました。
シャボン玉

子どもの影。何でこんな写真が撮れたのかなぞ。
シャボン玉

太陽がさんさんと輝いていても冬は冬。寒かったので早く帰ろうとしたのですが子どもはまだ遊びたくて噴水の周りを歩いていました。がそのうち浅瀬に長靴で入ってその後はお決まり、水中の藻で滑って膝をつきびしょぬれになりました。子どもが天竜公園の噴水で洗礼を受けたのは2回目です。

七草粥

1月7日(月)七草粥食べましたか?
うちは曜日の関係で6日(日)に食べてしまいました。
七草粥の七草とは「せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ」なんですが、覚えなくても『春の七草がゆセット』としてパックで売られているのでそれを刻んで鍋で煮て柔らかくなったらご飯を投入してしまえばほら簡単。
草ばっかりだと青臭いので私は瓶詰めの魚ほぐし身を入れました。
適度なだしが出て塩味もこれのみで十分おいしかったです。

七草粥

2013年1月 2日 (水)

いつもありがとうございます

「ひよっこ広場(育児サークル)のブログ。2012年度」をいつも閲覧してくださいましてありがとうございます。
ひよっこメンバーのみならずいろいろな方が見てくれているようです。
この間「子どものおじいちゃんが見て『親子で載っているよ』ってびっくりしてたよ」と言われました。
写真はなるべく全景を撮って個人を特定できないような写真にしていますが、掲載時に加工していないので見る人が見ればわかってしまいます。自分の娘、孫となればなおさらです。
もし掲載が困る写真があったら言ってください。削除します。
そしてこのブログでお子さん、お孫さんを見つけたご両親、祖父母様、私たちは健全な子育てをしていますのでご安心ください。距離的に遠く離れていても近くに感じていてくれれば光栄です。

2012年 年越し

2012年もあっという間に過ぎ、2013年になりました。
私の年越しはと言いますと、2012年12月31日18時に主人の実家に着く →18時から19時夕食→20時30分NHK番組を見ながら年越しそば食→21時15分子どもと共に就寝→2013年1月1日5時50分子どもに起こされ起床という健康極まりない新年を迎えました。(睡眠時間的にはね。食生活的には食べてすぐ寝てるのでどうかと。)

朝空を見たら明けの明星??が光っていました。


朝食はお義母さんが作ってくれたお雑煮とお料理と私の作ったおせちもどきが食卓に並びました。

そういえばこの間伊那ケーブルテレビが撮影したリトミック教室の年末放映見てもらえましたか?私は録画しました。

残念ながら再放送は無いようです。

おせち料理お披露目

12月31日(月)、夜中からおせち料理を作り始めました。 「自家製の伝統の伝承」と「食を囲む家族の幸せ」と「ブログのねたに」 を込めて。
おせち料理には意味(いわれ)があるので知っている(こじつけもある)範囲で記します。間違っていたらすみませんついでに作り方も覚書として載せました。

黒豆 
:まめ(元気)に働けるように。
箕輪産黒豆と黒糖を圧力鍋で炊く。


紅白なます 
:紅白のおめでたい料理。
大根とにんじん、キャベツを千切りにし炒める。薄焼き卵を細切りにする。甘酢を作って漬ける。


栗きんとん 
:黄金色で金運に恵まれますように。
サツマイモと剥いて冷凍してあった栗を蒸して大フォークでつぶし、オレンジジュースで煮る。


伊達巻(だてまき) 
:大切な文書は巻物にしていたと言うところから、勉学に励めるように。
はんぺん(220g)と卵8ヶをざるで裏ごす。砂糖80g、塩、みりん適宜を混ぜたものをフライパンで焼く。砂糖とみりんが大量に入っているため焦げやすいので極弱火で焼く。火が通ったらフライパンからおろし表面に何本か筋を入れて巻きすで巻いて形を落ち着かせる。


田作り(たつくり)風 
:五穀豊穣を願い小魚を田畑にまいて肥料にしたところから。
食べる煮干(サイズ小)を電子レンジで加熱し水分を飛ばす(加熱しすぎで焦げに注意)。なべに砂糖醤油を作り魚を投入、箸で魚を混ぜながら砂糖しょうゆを絡める。汁がなくなったら白ごまを入れて混ぜる。


煮しめ(煮物) 
:食材の意味/レンコン・・・穴が開いているので未来を見通せるように。さといも・・・小芋がたくさんできることから子沢山、子孫繁栄。昆布・・・「喜ぶ(よろこぶ)」と掛けている。:全体の意味/一緒に煮ることで一家の結束を図る。
こんにゃくは飾り結び、さといもは皮を剥いて下茹でする。にんじんは花抜き型で形を作り飾り包丁をする。全てをこんぶとしょうゆダシの鍋で煮る。仕上げに茹でた絹さやを乗せると彩りよい。


AKB40煮(エーケービーしおに) 
:バランスのよい食事を。
B(豚ブロック)に塩麴を塗りつけたものを圧力鍋で煮てシャーシューを作る。A(厚揚げ)とK(小松菜)を煮汁に入れて一緒に煮る。


干し柿 
:よいものをかき取ることから。
干し柿を剥いたときの記事はこちら


主人の実家にもって行きました。

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »