« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月の記事

2012年11月27日 (火)

ながたドームで遊ぼう第2弾

11月26日(月)、ザンブリの雨が降ったこの日「ながたドームで遊ぼう!第2弾」を決行しました。
前回11月7日にもながたドームで遊びましたが、今回はひよっこ広場有志だけだったので4組の親子参加でした。というのもこのところの寒さで子どもが次々と風邪で倒れ 、「残念だけど参加できない」という連絡が次々に来ましたので。お大事にしてください。

今回は新しいアイテムとして風船、子供用バドミントンラケットが登場しました。(参加者持参による)


両隣ではテニスをやっていました。


照明を使用すると使用料に加算されるので今回は無しにしました。採光で何とか見えました。


隣コートの利用者から使わなくなったテニスボールをもらいました。


親は寒かったけど、子どもは暑くなったらしくジャンバーを脱いでの遊び。

10:30~11:30まで1時間1コート500円です。
参加者の皆さん、お天気の悪い中来てくれてありがとうございました。

社協まつりに行きました

11月25日(日)箕輪町社会福祉協議会による「社協まつり」が三日町地区にある「デイサービスセンターゆとり荘」であったので行ってみました。
ゆとり荘は初めて行ったのですが、デイサービスセンターなんですね。今日はおまつりということもあってお年寄りの人たちより親子連れが多かったです。



子どもたちにはわたあめ、来場者には豚汁のサービスがありました。具たくさんの豚汁でおなかいっぱいの上、うどんで作る団子のおやつもいただきました。
市販のうどんを袋のまま麺をつぶして丸めて団子にして、なべで茹でてお好みの味をつけて出来上がり。今日はあんこ、ごま、きなこの3種がいろどりよくお皿に乗っていて子どもも喜んで食べました。


子どもたちのために風船やボールが用意されていました。


ゆとり荘内観は明るく開放的で過ごしやすく、スタッフの皆さんも明るく元気のいい方ばかりでした。

渋柿の皮むき

いよいよ干し柿の季節になって来ました。
長野県南信、特に飯田下伊那地方は渋柿を干した干し柿が有名ですが(市田柿とか)、そこよりもう少し北にあるここ上伊那地方でも干し柿はします。

地元新聞に「渋柿差し上げます」という投稿があり、1日悩んだ末に申し込むことにしました。皮を剥く、紐でくくって吊るす、干す、食べるという工程が結構大変なんですよ。
でもお正月にスーパーで売っている干し柿はお値段が結構するし、夜中たまに食べたくなるときがあるのですよ。
箕輪町のSさんにお電話をして天竜公園で待ち合わせて会うことになりました。
実家の母も欲しいと言っていたので「全部で30個くらい」とお願いしたところ、ダンボール1箱もいただきました。Sさんありがとうございました。
私が23個、母には30個くらいあげました。



前は包丁で廻し剥きをしていましたが、指も手全体も攣るので今回は数も多いことなのでピーラーで剥きました。早いです。


次に紐でくくる作業。下の写真のように枝が残っていると紐(私はタコ糸)をかけるのが楽なのですが、


下の写真左のように枝がない柿もあるんですね。前はテグスを巻きましたが、干しているうちに柿がしぼんでテグスが緩んでしまうので今回は右のように竹串を刺して糸をくくりつけました。


紐をくくりつけ終わった柿。


後処理はさまざまですが、私は殺菌処理として熱湯につけてから干すようにしています。
干す場所が限られているので昼間は庭に、夜はベランダにと可動できるように洗濯用ハンガーに吊るしてあります。

おいしくできると良いなあ。
今期は今回干したのが第2弾になります。第1弾はもう収穫しました。去年冷蔵庫で保存しておいたところカビが発生したので今年は冷凍庫に入れておきました。

おごち星のエリア

箕輪町の東箕輪おごち地区の竜東線沿いの「星のエリア」にイルミネーションが登場しました。
今年はスカイツリーです。
昼間見るとこうですが、


夜になると点灯されてこうなります。


変色してハイ!


本元のスカイツリーさながら青色の「粋」と紫色の「雅」が輝いていました。

背後には木に装飾されていました。


通りかかったら見てみてください。

万華鏡をつくろうに行ってきました

11月23日(勤労感謝の祝日)に図書館世代間交流室にて行なわれた「万華鏡をつくろう」に行ってきました。

万華鏡
事前申し込みが定員に達していなかったらしく、当日も申し込みも受け付けていました。

写真を撮り忘れてしまったので創作光景はありませんが、各々自由な時間に来て作り方を教わって自由解散でした。小学生と保護者の親子が多かったかな。

作り方はキットを使うので簡単。
①筒に貼る紙に絵を描いてのりで貼る。②底部分にビーズやスパンコールを適量入れ底にふたをする。③筒に薄い短冊形状のミラーを三角になるように張り合わせて入れる。④覗き部分のふたをする。完成。
出来上がった作品がこれ!穴の開いている方が除くところです。
万華鏡
子どもに絵を描いてもらったのですが、なんだかすぐ飽きてしまって少ししか描かなかったのでほとんど母の絵画。

底部分に入れたビーズやスパンコール。これは子どもにやってもらいました。スプーンですくって器用に入れていました。
万華鏡

明るさに透かして見た模様その①
万華鏡

その②
万華鏡

その③


大き目のスパンコールがたくさん入ってたので光が通りづらく暗い感じの模様になってしまいました。小さめのスパンコールとビーズをほどほどに入れるのがきれいな模様を作り出すポイントだと思います。

2012年11月23日 (金)

地区の子育て学級

11月20日(火)、地区の子育て学級「ぷちキッズ」に行きました。今日は箕輪町の栄養士さんを講師に「簡単にできる幼児食」の調理実習です。
おかげさまで子どもの咳もだいぶ治まり快方に向かっています。

この学級では作業のときは地区の女性がお部屋で子どものの面倒を見てくれるお世話係になってくれるので、母親は実習に没頭できるのです。子どもたちもおもちゃやボランティアさんに遊んでもらっているのでお母さんがいなくても平気です。でも寂しくなっちゃった時は呼ばれたり近くに来ちゃうけどね。
うちの子はいつの間にか調理室に来ていすを勝手に動かして乗って団子をこねくり回していました。私じゃない(もっとかわいい)お母さんになついていっしょに作業していましたよ。
いつもありがとう。Yさん

出来上がりました。
左から米粉のチーズせんべい、ツナ缶蒸し、かぼちゃの小倉焼き。


幼児食といっても味もしっかりついていてツナ缶蒸しは十分夕飯の一品になるものでした。
子どもたちに人気があったのはチーズせんべいでしたね。大皿に乗せてあったもの、取り合いでした。
栄養士さんありがとうございました。

第14回ひよっこ広場「ヨガ」

11月19日(月)、第14回ひよっこ広場がありました。今日は「ヨガ」 。
講師は東京と箕輪町を拠点にヨガやアロマを教えている小嶋先生です。

受付の様子。今日は見学参加者が何人かいらしてくれたので役員Sさんも大忙しです。


遠くに写っているのが小嶋先生です。


この日ですが、相変わらず子どもの咳がよくなくて活動をお休みしました。病院に行く前に少し時間があったので先生に挨拶にだけ来ました。

ヨガをやってみてのYさんの感想
「よかったよ~ねこのポーズとかやって身体が伸びたよ~。子どもたちも自由にやっていたよ。」
小嶋先生のスタイルの良さはヨガで作られているものなんですね。先生のお姿を見てみたかった!自分でやるヨガのポーズは??でしょうけどねぇ。

小嶋先生、ありがとうございました。
見学参加者の皆さん、ひよっこ広場をお願いします。

藤本ともひこさん絵本ライブ

11月18日(日)松島コミュニティーセンターで藤本ともひこさんの絵本ライブ「えほん ときどき あそびうた」がありました。
「おかあさんといっしょ・あつまれどようび」で体操のおにいさんとマイムのおねえさんが 子どもたちと一緒にやっている「げんきタッチ!」や「おさんぽぺんぎん」の作詞をしている絵本作家です。「ねこときどきらいおん」の作詞作曲している人と言えばあ~なるほど知っていると思うかも。

うちは残念ながら絵本ライブには行かれなかったのです。わらべうたの講座があった次の日から子どもが発熱と咳がひどくて、毎日祈ったのですが治りませんでした。
なので絵本ライブに行った親子からお話を聞いて状況を知ることとなりました。

Uさん親子
『もうとっても良かった!絵本の読み聞かせは大型スクリーンで映し出されて見やすかったしギター演奏の踊りもあったしお話も上手でわかりやすかった。絵本を購入したらサインをもらえるということだったのでつい2冊買ってしまったけど世界に一つだけの子どもの名前が入った一生物なので大事にします。』

Yさん親子
『絵本ライブ初めて行ったけど楽しかった。「おかあさんといっしょ」で聞きなれている歌が聞こえてきたので子どもも非常に楽しめた。思ったよりも来場人数が少なかったので’どうしてこんなに楽しいのに来ないんだろう’と不思議に思った。絵本にサインをしてもらったらかわいいねずみの挿絵が描かれていたので嬉しかった。』

聞けば聞くほど楽しい絵本ライブだったようです。うらやましい・・。

図書館にも「藤本ともひこさんコーナー」が正面に設置されていましたが、その日の午後行ったらこの1冊しかなくて後は貸し出し中でした。


藤本さん、また箕輪町に来てください。

わらべうた講座に行きました

11月14日(水)、「わらべうたであそぼう」講座がありました。
講師は今回で3回目の榎田先生。 場所はほとんど文化センターなのですが珍しく図書館世代間交流室。20組くらいの親子が参加してました。

おなじみ「せんべせんべやけた」や「メンメンスースー」から初めての「たけんこはえた」などたくさんのうたをうたいながら我が子と触れ合う時間が持てました・・・うちの子は真ん中のじゅうたんで寝転がって自由でしたが先生は怒りませんでした。



この日うたった遊び歌の資料をいただきましたので、おうちでもあそんでみようと思います。
ちなみにうちの子どもがいちばん好きなわらべ歌は「トウキョウトニホンバシ」です。こちょこちょ~でからだ中つんつんしてあげると異常なほど笑います。でもこれは当たり前のことではなくてくすぐってくれる目の前の人が大好きだから笑うようです。知らない人や好きじゃない人にこちょぐられたら大人なら仕方なく笑う(事もある)けど子どもは不安な顔をしますよ。トウキョウトニホンバシは子どもからうたってくすぐってくれることもあります。こちょこちょされてもそんなにくすぐったくはないですがおおげさにくすぐったがると子どもはすごく喜んでくれます。大好きな人が喜んでくれたら自分も嬉しいですもんね。

わらべうたはそんなお互いの反応がじかに伝わる魔法のふれあいなんだと思います。


2012年11月21日 (水)

ひよっこメンバーに連絡

ひよっこ広場メンバーに連絡です。
前回のひよっこ広場活動の時にお知らせしましたが次回のひよっこ広場は「クリスマス会準備」です。
その時工作をします。
クリスマスカードをデコったり子どもにぬり絵をしてもらいます。

クリスマスカード  「リース」
連絡

クリスマスカード「ツリー」
連絡


ぬりえ「そり」
連絡

ぬりえ「ケーキ」
連絡

クリスマスカード2点「リース」「ツリー」のどちらか、ぬりえ2点「そり」「ケーキ」のどちらかを選んで代表R賀までお知らせください。

おやつ作り講座に行きました

11月13日(火)、「サツマイモを使った幼児のおやつ作り講座」に行ってきました。
講師は「ばぁばのキッチン」でもおなじみ、O先生です。
ひよっこメンバーTさんとUさんがO先生に「子どものおやつ講座を開催して欲しい」と頼んだところ実行されました。

受講者は5組の親子。
今日は4種類のお芋メニューで作りました。

サツマイモのバターカラメル、サツマイモのモンブラン、サツマイモのオレンジジュース煮、大学芋はオリーブ油揚げ。

いつもの講座は必ずリーダー格の先導者がいるので、私はペーペーですな感じで洗い物専門ですが、今日はみんな同じ条件の親子なので手を出さないわけには行かずモンブランのクリーム作り担当になりました。
子どもたちは別室で仲良く(?)遊んでいましたが、それも飽きて調理室に入り込んで何かすると大騒ぎ。うちの子はシンクですっと手を洗っていたり(まぁいわゆる水遊びだね)楽しかった様子。

クリーム(右手前)はなべで煮詰めすぎて堅くなった。


何とか時間内に出来上がった4品
左上:バターカラメル、右上:モンブラン

左下:オレンジ煮、右下:大学芋

子どもたちに人気があったのはモンブランのクリーム。みんなクリーム部分だけ食べて親が食べようとした時には土台のカステラしか残っていなかったとか。

この講座は12月6日に支援センターで開催される幼児食事講座と同じ内容です(一部変更あり)。締め切りはいつかわかりませんが興味ある方は問い合わせてみてはいかがでしょうか?
O先生、お誘いしてくれたTさんどうもありがとうございました。

2012年11月18日 (日)

隣村でそらまめコンサート

11月12日(月)、箕輪町の南隣の南箕輪村の子育て支援センター、すくすくハウスで行なわれたコンサートイベントに行ってきました。
小さい子どもたちを育てながら音楽活動しているママさんたちのグループであるドレミファそらまめさんのコンサート、『秋がいっぱい!みんなでわくわくコンサート』です。
タイトルどおり秋にちなんだ幼児曲をいっぱい演奏してくれました。ヴァイオリンメインの演奏やステキな歌声の歌唱もありました。客席とステージには段差がないので子どもたちは走る新幹線に乗せてもらったり綱引きで勝負したりしました。

先月も辰野の支援センターにて行なわれたそらまめコンサート(曲目は一緒)にお邪魔したのですが、同じ内容でもメンバーが都合でいたりいなかったり場所によって響き方も違うので新鮮です。
R賀としてはM船長さんの出番がなくコミカル芝居が見れなかったのが残念でした。でも、憧れの○さんを久しぶりにお見かけしたので気分が上がりました


楽しい時間をありがとうございました。
ここでお知らせです。
12月12日(水)に箕輪町でも「ドレミファそらまめコンサート&無料交換会」が行なわれます。場所は松島コミュニティーセンターで時間は交換会が10:30~、コンサートは10:45~11:30までです。今から予定に入れておいてください。「無料交換会って何交換するの?」と聞かれました。前回は着なくなった子どもの洋服とかおもちゃとか子ども用品が置いてありました。子ども同士の交換はありません。く
詳しくは箕輪町役場子ども未来課か支援センターにお問い合わせください。

2012年11月12日 (月)

福与区文化祭

11月11日(日)、福与区公民館で行なわれている文化祭に行ってきました。
福与区と三日町区の合同で開催されている子どもサークルで作品を出しているというので見に行ってきました。

子どもの写真と紙粘土に子どもの手形を押したものが飾られていました。
福与区

福与区婦人部の作品
福与区

今日行ったら敬老会が行なわれていて講堂は大賑わいでした。保育園の子どもたちのステージ発表も大盛り上がりでした。

JA上伊那祭 箕輪会場

11月11日(日)、今日は『鮭の日』ですが、カジキの切り身を買ってしまったR賀です。
本日お昼JA箕輪町支所特設会場で行なわれた『JA上伊那祭 箕輪会場』に行ってきました。
箕輪町にはJAスーパーはないのですが町内の組合がテントでお店をやっていました。

ステージ発表のハーモニカ演奏。
JA祭

みかん、大根、ジャガイモなどを販売していました。
JA祭

畜産物品評会では自慢の農産物が置いてあったり、奥の方では小中学校の生徒の作品が展示されていました。
JA祭

13時ころから雨が降ってしまい残念でした。

2012年11月11日 (日)

イルミネーションフェスタ☆みのわ

11月10日(土)、企業の感謝祭が終わった後は街中で行なわれた「2012 イルミネーションフェスタ☆みのわ」に行きました。

イルミネーション

毎年装飾点灯されている箕輪町のイルミネーション、今年のテーマは「天竜川伝説 夏~秋」。その前哨戦が行なわれました。

午後3時30分からセンターパーク松島が歩行者天国になりトラックのステージでは箕輪中学校吹奏楽部の演奏や子どもたちのダンスが披露されました。
イルミネーション

来場者には豚汁が振舞われ、子どもたちにはおやつ袋が配られました。
(余談ですが、わたくしR賀は本日午前中に隣町の建設会社感謝祭に出向き無料の豚汁をいただき、お昼は企業の感謝祭で無料のきのこ汁をいただき、この場所でまたしても無料の豚汁を食しました。どんだけ無料にありつくねん)

もみじちゃんも来ていました。おやつ袋はもみじちゃんが配っていたらしいです。(と言うのは配布終了していたらしくもらえなかったので)
イルミネーション

道の沿道にはユリノキが植えられていてたくさんの落ち葉を撒き散らしていました。
イルミネーション

他にもオトメ☆コーポレーション(アイドル)のライブがあったり、このイベントの目玉イルミネーション点灯式(午後6時)がありましたが、時間の都合で見れませんでした。
イルミネーションは2013年1月12日まで毎日点灯されますので、期間中に見に行ってみてくださいね。時間は17時か18時からかわかりませんが、主婦兼子連れとしては早めの点灯で子どもと一緒に見に行きたいところ。

企業の感謝祭に行きました

11月10日(土)、箕輪町内にある企業の感謝祭に行ってきました。
新聞に広告が掲載されていて誰でも出かけてよいらしく、規模も敷地も結構大きい会社みたいなので見学がてら行きました。


駐車場に着いたらまずはじめに松林の中で行なわれていた「パカパカ塾」によるポニーと馬の乗馬体験が目に入りました。
パカパカ塾というのは箕輪町で「ポニー飼育に係る活動を中心に体験することを通して子どもの健全育成を図る。(パカパカ塾HPより引用)」ことを目的とするNPO(非営利活動法人)団体です。
ポニーにまたがせてもらい塾生の誘導で乗馬体験しました。


松林の中で感謝祭が行なわれていました。会社全体が松林の中にあって、この敷地内は通称「パインパーク」と言われているようです。
この会社は「各種電子部品の開発・製造・販売」企業です。

来場者には屋台でそば、きのこ汁、焼きそば、ソースカツどんなどが無料で振舞われました。


子どもに嬉しい絵本の読み聞かせライブもありました。
感謝祭

子どもたちは絵本大好きですね。常に満員状態でした。
感謝祭

木工工作のコーナー。
感謝祭

社員の丁寧な教えにより積み木に試験管を差し込んだ『一輪挿し』ができました。
感謝祭

ステージでは社員結成のバンド演奏があったりこの感謝祭の最大の目的である代表取締役社長による報告会があったりジャズシンガーのセッションがあり、場を盛り上げました。
感謝祭

天気がよく居心地がよくて子どもたちとお友達は帰りたくなくて公孫樹の葉っぱを束ねたりぶどうの実を摘んだりいつまでも遊んでいました。
楽しい時間をありがとうございました。

そうそう、この会社にが飼われているということで探してみましたが、いませんでした。
社員の方に聞いたら「循環型環境をめざしている企業のため夏の間は雑草対策のため羊に草を食べさせるため飼っていたのだが、寒くなって草が生えなくなったのでお仕事は終わり」とのことでした。ちなみに羊は信大農学部ではなく伊那市手良の農家から借りたらしいです。


沢保育園ののんたんに行きました

11月9日(金)、沢保育園の園開放「のんたん」に行ってきました。
今日は「運動遊び」のはずだったけど、内容が変わって「外遊び」になっていました。

楽しそうな雰囲気の入り口
沢保育園ののんたん

在園児と未就園児が仲良く遊んでいる様子、と情報交換をしつつ見守る母親たち。
沢保育園ののんたん

ブランコの脇には公孫樹の木がありました。八乙女の公孫樹に比べたら色づきはまだ未熟。
沢保育園ののんたん

園の隣の敷地の「ふれあいの広場」ここでもみんな自由に遊べます。
沢保育園ののんたん

私たちが保育園に着く前に移動動物園というのが来ていたらしくて、馬(ポニー?)1頭、牛2頭と会えたようです。年中年長児は乗れてトラックを回り、年少児以下とのんたんっこは触れたみたいです。
いい体験をさせてもらったね。

2012年11月 8日 (木)

銀杏

11月7日(水)、ながたドームで遊んだ後、周辺に銀杏畑があることを思い出して行ってみました。
西部広域農道を南に走って八乙女坂を上り終えると左側に金色の樹々が見えます。


陽を受けて煌く葉っぱ。
銀杏

銀杏

銀杏

真上は青空で葉の黄色との色合いがステキ。
銀杏

西側に臨む。
銀杏

私たちの他にも遊びに来ている親子がいました。
落ち葉を舞いたりしても楽しそうですが、銀杏も落ちているのでにおい対策は万全に!!

ながたドームで遊んできました。

11月7日(水)、「ながたドームで遊ぼう」の企画を実行してきました。

長田温泉ながたの湯の一段高い場所にある「ながたドーム」
屋内型運動施設です。


駐車場から見下ろしたながたの湯(お風呂に入った記事はこちら)申し込み受付は「ながたの湯」です。


土足厳禁なので入り口で上履きに履き替えて入館しました。
中は思ったよりも広い。(Aコート方面を見た様子)
ながたドーム

Cコート方面を見た様子。
ながたドーム

特に来場確認をしなかったので誰が来るのか何人来るのかわからない行き当たりばったりの企画でしたが、ささやかな営業と口コミで8組の親子が来てくれました。

思い思いにコート内で遊ぶ。


ボール遊びやバドミントン、ペットボトル蹴りを楽しむ親子。
ながたドーム

床は人工芝。全力で走って転んでも泣かない男の子もいました。
ながたドーム

2階には観覧席とジョギングスペースがあるらしいです。
ながたドーム

ドームはコートが3面あり、使用料は1面1時間500円です。(照明使用は+700円)。
今日は10:30~11:30まで照明なしで1時間使用だったので親子一組70円をいただきました。
これから外は寒い季節になりますが、ここを使って身体を動かすというのも楽しいと思います。

第13回ひよっこ広場 「おやつ作り」

11月5日(月) 第13回ひよっこ広場がありました。
今日は「おやつ作り」です。
今回は外部講師を呼ばず役員がリーダーとなって普段おうちで作っているおやつを作りました。
和室と調理室で作業しました。

快慶Tさん率いる「ご飯せんべい」班。
ふりかけを混ぜたご飯をオーブンシートにはさんでペタンコにつぶしました。これも子どもと一緒にできました。
ひよっこ広場

シートにはさんだまま電子レンジでチンして出来上がり。
ひよっこ広場

福代表Uさん率いる「卵を使わないクッキー」班。
ビニール袋に材料を全て入れ、こねこねします。子供も一緒に作りました。


棒状にしたものを切り分けて形にしてオーブンで焼くと出来上がり。


丸知Sさん率いる「豆腐白玉ポンチ」班。
白玉粉に豆腐を混ぜた団子を茹でます。子どもと一緒にできるはずですが親だけでやってしまいました。
ひよっこ広場

フルーツ缶詰とあわせてできあがり。
ひよっこ広場

和室にて製作の様子。


出来上がったおやつ。上から「ご飯せんべい」「卵を使わないクッキー」「豆腐白玉ポンチ
ひよっこ広場

おやつだけどこの3品で炭水化物、たんぱく質、野菜(ビタミン)が摂れてしまうというすばらしさ。
各リーダーさん、献立と指導をありがとうございました。


もみじ湖祭り

11月3日(土・祝)、午後は「第10回もみじ湖夢祭り」で箕輪ダム下イベント広場に行ってきました。
会場に行くまではものすごい細い山道ですが、木々がいい天気に恵まれて赤黄緑にきらきら輝いていました。
駐車場から会場に行くまでの景色




空は真っ青でした。


屋台もたくさん出ていて、中でも海鮮をバーベキューで焼いて食べられるという場所は大盛況でした。

地元農産物の軽トラ市は早々に売り切れる物販もありました。

お楽しみ券200円分が付いたチラシがもらえたので、いつもはやらせてあげないゲーム類も楽しめました。
分団の消防車乗車も大人気でした。
もみじ湖祭り

高台の方。
もみじ湖祭り

真っ赤なもみじ
もみじ湖祭り

見る方向が違っても表情を変えるもみじ。
もみじ湖祭り

子どもが「もみじちゃん(箕輪町のキャラクター)いないねぇ」と言っていましたが、地元新聞を見たら写真が載っていました。私たちが行く前には出現していたのだね。

秋のふれあい博物館イベント

11月3日(土・祝)、箕輪町郷土博物館でふれあいイベント「古代を体験しよう」が行なわれていたので午前中行ってきました。

博物館

館内でミニチュア土器作り、展示クイズ、屋外で弓矢体験をして、全てに参加してカードにスタンプを付いてもらったら特製マグネットシートをもらえるというので意気込んで体験しました。

土器を作っている子ども。陶芸で鍛えた(!!)腕前を見せられるのか?
博物館

2階の展示物クイズは意外に難しかった。しかし箕輪町からも結構たくさんの縄文時代の土器が発掘されているのがわかりました。
屋外の弓矢体験は腰に矢を入れる筒をぶら下げて絵に描いた鹿とウサギを打ち抜きました。
全て体験したスタンプラリーカード。
博物館

マグネットは写真にはないのですが子どものお気に入りです。
これがミニチュア土器で作った作品。たぶん間違っています。形が。他の参加者は甕とか平皿とか作っていました。これは乾燥させた後オーブンで焼成すると出来上がり(家作業)
博物館


« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »