« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月の記事

2012年8月30日 (木)

おやつ袋の中身

ひよっこ広場秋祭りでは実は子どもたちにおやつ袋が出ます。
中身の紹介をします。

『特別栽培米(コシヒカリ)のたまりポン菓子』 名称:焼菓子(自然の味そのまんま/家田製菓(株))
おやつ袋の中身
原材料名:うるち米(岐阜県産)、麦芽糖、てんさい糖(遺伝子組換でない)、たまり醤油(遺伝子組換でない)、植物油脂

『こころなごむ故郷の銘菓 セロ都ラムネ』 名称:ラムネ菓子((株)青木光悦堂EE[銘菓の里])
おやつ袋の中身
原材料名:砂糖(粉糖)、コーンスターチ、クエン酸、重曹、香料、ラムネパウダー

『星食べよ しお味』 名称:米菓((株)栗山米菓)
おやつ袋の中身
原材料:うるち米(国産)、植物油脂、でん粉、食塩、砂糖、粉末しょうゆ(小麦、大豆を含む)、昆布エキスパウダー(小麦を含む)、酵母エキスパウダー、たんぱく自己消化物(いわし)、オニオンパウダー、鰹節エキスパウダー、あさりエキスパウダー
*化学調味料、着色料、香料不使用

『フルーツゼリー リンゴ果汁20%』 名称:ゼリー((株)シジシージャパン)
おやつ袋の中身
原材料:異性化液糖、濃縮りんご果汁、砂糖、ワインタイプ発酵調味料、ゲル化剤(増粘多糖類)、酸味料。香料、着色料(果実色素、紅花黄、ラック、赤キャベツ、クチナシ)、甘味料(ソルビトール)、酸化防止剤(ルチン)

2012年8月29日 (水)

パンを注文してきました。

9月3日(月)に開催されるひよっこ広場秋祭り、参加募集を8月27日で締め切りました。遊びに来てくれる親子がたくさんで賑やかな祭りになりそうです。
そこで軽食として提供するパンを注文してきました。
箕輪町内で販売するパン屋さん2件に1種類づつお願いしてきました。

「ハルハナ堂」さん。箕輪町沢長田、西部農道沿いに看板あり、信号から西に150M、とあった気が・・・。
ハルハナ

今年の春にできたばかりのパン屋さん。国産小麦、天然酵母使用を謳っています。
ハルハナ

ハルハナ

外観は素朴で店内もこぢんまりな控えめなお店ですが、パンはおしゃれな種類が多いです。
こちらではタマゴアレルギー対応タマゴ不使用の「かぼちゃパン」を注文しました。


「【障害者就労支援B型事業所】ほっとワークス・みのわ」さん。箕輪町沢長田、県道与地辰野線沿い。
ながた温泉を北に走っていく途中にあるオレンジ色の屋根が目印です。

金曜日に文化センターと箕輪町役場に出張販売しています。種類も豊富で私がお勧めなのはクリームパンとチョロバー(棒ドーナツ)。売り子さんの熱心な説明販売がついついカゴをいっぱいにしてしまいます。
こちらでは「ジャムサンドパン」を注文しました。自慢の食パンでサンドしたアンバター、イチゴジャム、ブルーベリージャムのうち1種類を選べます。

祭り当日文化センターまで配達してくれることになりました。
ハルハナ堂さん、ほっとワークス・みのわさん、よろしくお願いします。

青いアサガオ

青いアサガオが咲き始めたと聞いて見に行ってきました。
西部広域農道上古田地区に案内表示があるのでそれに沿って行きました。

看板

南方向(伊那方面)に見える様子

北方向(辰野方面)に見える様子

案内にしたがって西に車を走らせるのですがなかなかつかなくて不安もありました。もうすぐ与地線という場所に現れました。
アサガオ

広大なバックを背負ったアサガオの群生。
アサガオ

「ヘブンリーブルー」という名前のアサガオです。
意外に鮮やかに撮れた花
アサガオ

直径10cmくらいです。
アサガオ

9月中旬までは咲き続けているようなことだったので、機会があったら見に行かれてはいかがでしょうか?
アサガオ

9月下旬ごろからは同じ地区で赤そばの花も咲くのでこちらも必見です。

2012年8月26日 (日)

太鼓演奏を聴きにいきました。

8月25日(土)の夕方から、「日本の太鼓INみのわ」という太鼓の演奏会が文化センターであったので行ってきました。なんと入場無料で席指定の整理券だけで聴けるというので行きました。
太鼓

整理券配布開始から窓口に行ったのが遅かったので会場はほぼ埋まっていましたが、キャンセルがあったようで前が通路の席が空いており、運よくそこに座ることができました。

子ども太鼓は素直な演奏、大人太鼓は迫力の演奏でした。
子どもは太鼓の演奏に座っていられず踊りだすというハプニングも。そのまま飽きてきて本当に席に座っていられなくなったので、申し訳なかったのですが早々に退散しました。

箕輪町役場にあったソーラー時計。夜にはこんな風に光るんだね。昼間の画像はこちら。
太鼓

大芝祭りに行ってきました

8月25日(土)箕輪町隣の南箕輪村の大芝高原で「大芝祭り」という村の祭りがありました。ひよっこ広場でも大芝高原で遊んだことがあります。そのときの記事はこちら

今日の目的はずばり「箕輪町のキャラクターもみじちゃんに会いに行く」ことです。南箕輪村のキャラクターは「まっくん」なんだけど、もみじちゃんが今回こちらに現れるというので。みのわ祭りでも会えず、他の出没情報もつかめなくて、やっと出動のようです。

・・・が、家を出るのが遅く、会場から離れたパーキングに停めシャトルバスで祭り入りしたところすっかりステージ発表は始まっていて、開会式に出演のもみじちゃんとはもちろん会えずじまいでした。
祭り

まあ仕方ないのであきらめて、とうもろこしのつめ放題販売に汗したり、池のたらいレースを観戦したり、
祭り

建設組合?主催の木工講座で水に浮かぶ木製のスクリュー船を作ったりしました。
子どもが組み立てた船。指導してくれた人もびっくりの独創的な形。

馬?が歩いていました。

大芝高原は広大な土地なんですが、この日はどこにいっても遊歩道を歩いても芝生にいても人ひとヒトの大混雑。まさに老若男女入り混じり状態でした。森林で時折吹く風は涼しくも感じるけど、日差しはじりじり照りつけるし暑かった。

15年来の友達に4年ぶりくらいに会いました。月日の流れには逆らえず、お互い年を取ったなと言う印象。
それと同時にお互い親やってるんだなという感嘆。

子ども未来課による企画<コンサート>

前ブログ記事の続き。ドレミファそらまめ♪コンサートを聴くため学習室にみんなで移動。ここはリトミックでも使用する部屋でピアノもあるしじゅうたん敷きで床に座れるのでコンサートにうってつけです。

♪ドレミファそらまめ♪とはお子さんがいらっしゃる音楽好きなママたちによる歌や楽器のアンサンブルです(紹介文参照)。メンバーも長野県中から集まっているようです。私のママ友のMさんも所属しているので目の前に座ってみました。
季節によって舞台内容が変わります。今回は夏バージョン「ピカピカ☆夏空コンサート」で今日がファイナルです。
唱歌「夏は来ぬ」の美しいハーモニーから始まった演奏会。
ドレミファそらまめ

そらまめメンバー。
ドレミファそらまめ

歌あり、楽器の演奏あり、手遊びあり、観客をとりこにするステージに親子で釘付け。
ドレミファそらまめ

思わず立ち上がって踊りだす子どももいて、それでもいいんです。
ドレミファそらまめ

出ました。強烈キャラM船長!!
ドレミファそらまめ

子どもを育てながら人を喜ばせるエンターテイナーを務めているメンバーさん、尊敬します。楽しい演奏会をありがとうございました。
またまた朗報です。12月にも交換会とドレミファそらまめコンサートが箕輪町で行なわれるそうです。楽しみですね。

ちなみにそらまめってこんな豆。旬は5月~6月です。
鞘のまま。

一鞘に豆3つくらい。

皮ごと焼いて中身を取り出し薄皮をむいて食べるのが私流です。

子ども未来課による企画<無料交換会>

8月22日(水)箕輪町文化センターで箕輪町役場子ども未来課による子ども用品無料交換会とコンサートがありました。子どもの物で他の人に譲っていいものを持ち寄ったり欲しいものをもらっていって良いと言うありがたい企画です。10:30開始時点で結構無くなっていましたよ。
今日も子育て支援センターのS先生は忙しく走り回っていました。

広げられた洋服の数々
無料交換会

新生児から小学生サイズまで様々。
無料交換会

おもちゃもいろいろありました。
無料交換会

母親が格闘している間、床の間をいたずらする子どもと子守をしてくれている子ども未来課のHさん(子どもをほったらかして物色していたのは私で、壺に手を突っ込んでいたのはうちの子どもです。Hさんいつもほんとにありがとうございます)
無料交換会

交換会が終わった後、ドレミファそらまめ♪のコンサートのため和室から学習室に移動です。ブログ記事も次に続く。

2012年8月24日 (金)

陶芸講座 2回目

8月21日(火)、午前中はぷちキッズの活動に行き午後は昨日に引き続き陶芸講座で2回目の作陶(製作)のため文化センター創作室へ行きました。
13:30からの講座ですが先生が「何時から製作に来ても良い」と言っていたので気持ち少し早く行きました。子どもは午前中のはしゃぎ具合のおかげで移動の車中中途半端に寝てしまい起きた後は昨日のようなおんぶ作戦はあえなく失敗。仕方なく粘土をこねさせることとなりました。

やりたい盛りの年代。
陶芸

ちぎっては投げちぎっては投げどんどん減っていく粘土。
陶芸

意外に長い時間いすに座って粘土とお友達していました。もっと歩き回ったり騒いだりするかと思ったのでおとなしくて助かりました。

粘土5Kgの半分を2時間半で使い切ることは無理でした。なので持ち帰っての宿題。


子どもに邪魔されない早朝に作陶したので結構いい作品ができたような気がします。やがて子どもが起きてきたので粘土を渡したら個性的で子どもらしいものを作ってくれました。

これを2週間濡れタオルをかぶせてゆっくりと自然乾燥させて素焼きをします。
子連れだし不器用なのに無謀な挑戦したなと思っていたのですが、形になったらなんか楽しくなってきました。

2012年8月22日 (水)

お花寿司

8月21日(火)、地区の子育て学級「ぷちキッズ」に行ってお花寿司を作ってきました。お花寿司とは模様のある巻き寿司のことです。今回はかたつむりを作ります。
ぷちキッズでは毎年恒例の内容です。
講師は箕輪お花寿司の会のはらさん。ぷちメンバーは18組くらいいました。

寿司飯もg単位で、かんぴょう、卵焼き、やまごぼうを全部原さんに用意していただき、教えてもらいながら巻いていきました。
順番と材料の置きかたが複雑、仕上がりは包丁で切ってみないとわからないというなんともチャレンジャーな作り方。

出来上がったもの。
お花寿司


親子でおいしくいただきました。
お花寿司

原さん、ありがとうございました。

陶芸講座に行ってきました

8月20日(月)ひよっこ広場の後、午後は箕輪町公民館の陶芸講座に行ってきました。
今日から始まるのは年度後期の講座全10回です。初心者向けの講座で私にはうってつけの講座でしたので、どうしても受講したくて子連れ可を確認して申し込みました。子ども(と私)のお昼寝時間と重なるので、おんぶしていてもいいしと思って半ば無謀な取り組みの参加です。
ひよっこ広場の活動場所と同じ文化センター内に創作室というのがありそこで行なわれました。13:30からの講座なのでお昼も館内のソファで食べて、私にしては珍しく30分も前に教室につきました。

まだ誰も来ていない創作室。
陶芸

13:15から受講者が集まってきてにぎやかになりました。他の受講者を見習って机に新聞を敷いたり粘土をこねるための板を持ってきたり準備をしました。
案の定子どもは午前中の疲れでいい眠気が来たようで「おんぶ~」のおねだりで見事な睡眠に入りました。
今日は・開講式・先生の紹介・自己紹介、それから作陶です。
先生は町内在住の向山先生、公民館担当はなかじょうさんです。
受講者は16人で、全く土を触ったことのない初心者ばかりかと思ったら何回かいくつか作品を完成させたことがある初心者もいました。私は15年位前に花器とマグを作ったことがある初心者です。
いよいよ作陶。5Kgの土をもらって作品にしていきます。
陶芸
粘土を半分にしてこね始めたのですが、ぜんぜんこねらなくて悪戦苦闘していたらまわりの方に「その半分でいいんだよ」と教えてもらいました。それにしても力が要ります。背中の13Kgも重いし。
先生は「自由に作ってください。」と言っただけ。自由にって!!わからないところは先生を呼んだりわかっていそうな方に聞いたり、口伝えと見よう見まねで伸ばしたり穴を開けたりしました。
子どもは1時間ほど昼寝していい子で起きて比較的おとなしくいすに座っていたので、周りの方から「いい子ね~」とほめられていました。
結局作ってはつぶし、気に入らなくて壊しの繰り返しでなんとか2作品出来上がりました。


焼くと7%ほど縮んでしまうらしいですが、子どもの手形もモチーフにしてみました。
明日も続きがあるのであと2.5Kg作るぞ~。
受講料は粘土、燃料代、釉薬代、部屋借用代すべて込みで4000円です。

今日以降の日程は
②8月21日 作陶その2基礎
③9月5日 素焼き→取り出しは7日
④9月7日 施釉→釜入れ
⑤9月11日 本焼き→取り出しは13日
⑥9月13日 作陶その3-1応用
⑦9月14日 作陶その3-2応用
⑧9月28日 素焼き→取り出し10月1日
⑨10月1日 施釉→釜入れ
⑩10月2日 本焼き→取り出しは5日
⑪10月5日 鑑賞会 閉講式となっています。

 

第8回ひよっこ広場 「ひよっこ秋祭り準備」

8月20日(月)第8回ひよっこ広場がありました。
今日は来たる9月3日(月)に行なわれるひよっこ秋祭りのための準備です。展示物と工作を3点ほど作りました。

工作をするひよっこメンバーたち。
ひよっこ広場

子どもたちは遊んだり、お絵かきをしたり自由に。
ひよっこ広場

ひよっこ広場

ひよっこ広場

大人数でしたが思ったよりも早めに製作できました。

愛情いっぱいつまった流れ星

宇宙に行ってらっしゃいロケット
個人製作

わく惑星と星
個人製作

今日の読み聞かせ/せんろはつづく どこまでつづく
ひよっこ広場
今日の手遊び/おにのパンツ

本日出席できなかったメンバーは28日以降製作日を取りますのでよろしくお願いします。

2012年8月14日 (火)

ロンドンオリンピック閉幕

2012年7月27日から8月12日(17日間)行なわれた第30回ロンドンオリンピックが閉幕しました。
それまでの集大成を世界中の観衆のプレッシャーと緊張の中で力を発揮して過酷な戦いを制した者にはメダルが贈られるオリンピック。選手の皆さん、感動と勇気と元気をありがとうございました。

このオリンピックで箕輪町ととかかわりの深い競技がメダルを取りました。フェンシングです。8月5日にフェンシング男子フルーレ団体が銀メダルに輝きました。4年前の北京オリンピックでは太田雄貴選手が男子フルーレ個人で銀メダルを獲得しました。
箕輪町はフェンシングが盛んです。箕輪中学校には長野県中学唯一のフェンシング部がありますし、秋にはみのちゃんカップが行なわれます。
この間箕輪中学校フェンシング部のSくんという男の子とお話しする機会がありました。爽やかさが印象的な超好少年でした。Sくんはフェンシングでよい成績を挙げているらしく、世界大会にも出場しているようです。なかなか接点がなく一番関わりがない年代の男の子だったので話すのも相当緊張しましたが、私のようなミーハーなおばちゃんでも紳士的な対応をしてくれました。「将来の夢は?」との問いにすかさず「オリンピックです」と答えてくれました。世界の五輪の舞台で活躍するときを楽しみにしています。

2012年8月11日 (土)

第3回三館まつりに行ってきました

8月10日(金)に箕輪町の図書館、郷土博物館、公民館と社会福祉協議会コラボ企画による「ひと味ちがう♪三館連携事業、三館まつり」に行ってきました。今回は「夏休みにいろんな遊びを体験しよう」という企画です。

箕輪文化センターと地域交流センターみのわと箕輪町郷土博物館が会場となり、いろいろなワークショップが開催されました。
私と子どもはまず文化センター和室で開かれていた「お手玉と風船遊び」に顔を出しました。
おなじみ支援センターのS先生と絵本の読み聞かせや託児でお世話になっているHさんが講師として、そして私が心の師と思っているSさんが遊んでいました。
Sさんはお手玉を3つひょいひょいと回していました。感心してお話を聞いたら「始めはできなかったけれど練習したらできるようになった」と言っていました。こんな神業的なことを練習すればできるの~~?とびっくりです。まぁ私R賀は努力や練習することとは縁がない=そういうものは避けて通るほうなので一生懸命になればできるようになるということを教えてもらってまたしてもSさんに尊敬の念を抱きました。
それから牛乳パックを使ったエコ工作としてプロペラおもちゃを作ったり、ブーメランを作ったりしました。

プロペラおもちゃのコーナー

ワークショップの終了時間も迫ったころ子どもが「どうしても竹とんぼが作りたいよ~」とせがんだので、お願いして滑り込みで作らせてもらいました。受付の方、講師の先生、どうもすみませんでした。ありがとうございます。
羽根の部分の真ん中をアルミで覆ってロウソクの火であぶったものをねじった竹を竹ひごに刺して接着剤で固定して完成。

羽根と竹ひごの接着が取れてしまいました。後で修繕します。

11時30分からは大ホールでゴンベエワールドによるバルーンアートショーが行なわれました。
ゴンベエワールドとは風船遊戯団ゴンベエワールドとして伊那市を拠点に活動している「バルーンドリーマー」です(ゴンベエワールドHPプロフィールより)。風船を使っていろいろな作品を作り出すステージショーを魅せてくれました。色とりどりの風船でヘリコプターができたり、お母さんのハートを射抜く矢ができたり、自転車に乗ったネズミの女の子のキャラクターができたり、話術と技術がステキなゴンベエさんでした。

最後に風船で気球を作ってみんなの願い事を書いたたんざくを乗せて空に飛ばしました。

天高く舞い上がりました。

ゴンベエワールドのHPを見たら、環境にやさしい土に還るゴムの風船を使っているので安心です。

このまつりでうちの子どもは2回もはぐれて迷子になりました。助けてくれた方々、本当にありがとうございました。

2012年8月 9日 (木)

お庭で水遊び

8月8日(水)立秋を昨日終えて暦の上では秋ですが、そうは言ってもまだ暑いです。
今日は庭に洗い桶(たらい)を出して簡易プールをしました。
36Lのお湯を張って無理やり漬け込みました。ギュウギュウ漬けだけど縁日で手に入れたスーパーボール他と一緒に遊べてご満悦に見えました。

昼間は暑いですが、夜は涼しくてリーリーと虫の声も聞こえてきています。

2012年8月 8日 (水)

♪♪ユママコユママの仲良し楽し♪♪

ひよっこメンバーユママコちゃんとお母さんのユママさんによる支援センターレポートエッセイです。
今回はどんなことをしてきたかな?

 
火曜日、久しぶりに支援センター行ってきました
いつも通りオママゴトしたり、ボールで遊んだりご機嫌で遊んでました
ひよっこのメンバーさんも何人か来ていたので
一緒に遊んだりして
先生が紙芝居読んでくれた時、短い間だけどちゃんと座って見てくれた事に感心しました
だんだん出来るようになってきたんだなぁって
 
今回は、お弁当を持って行かなかったのでパンを買ったけど、意外と良いお値段な事にビックリしました
 
今度から、お弁当持参しまぁす
 
 

ユママさんありがとうございました。
箕輪町子育て支援センターの詳細はこちら。町役場HPです。
お盆休みがありますので確認してから出かけてください。

2012年8月 7日 (火)

ひよっこ広場秋祭りサミット

9月3日(月)にひよっこ広場の秋祭りがあります。
祭りのテーマは「宇宙キター」。今年は天文ショーの当たり年にあやかったのと、これからを生きるひよっこメンバーの子どもたちには宇宙がほんとに身近になる時代に入ると思うので祈りをこめて。

8月6日(月)、ひよっこ広場役員3人が集まって秋祭りサミットを開きました。
要は秋祭りに使うものの下準備をしたんですよ。
牛乳パックとダンボールを使ったこういうのを組み立てました。
楽しい企画を立てましたので成功させたいです。

YさんOさん長時間お疲れ様でした。ありがとうございました。

2012年8月 4日 (土)

ちょっといい おはなし会に行ってきました

8月2日(木)箕輪図書館世代間交流室で行なわれた「ちょっといいおはなし会」に行ってきました。
今回は3部構成で、第1部は乳幼児向け、第2部は小学生向け、第3部は全般向けになっていました。
第1部の乳幼児向けのおはなし会はようださんによる一人芝居のお話会でした。
ようださんの指人形、絵本の読み聞かせ、新聞が折り方で帽子から船、救命用具になったりするお話、次から次へと七変化するショウに観覧者は釘付けでした。
第2部の小学生向けのお話は読み聞かせサークル「星の会」の皆さんによるおはなし会でした。しかし、対象となる小学生がいなくて急遽その場にいた乳幼児向けのおはなし会になりました。(何でも小学校で地区の夏休み子ども会があったらしく、みんなそちらに行ってしまったようです。)紙芝居「世界で一番きれいな声」の朗読やカレーライスのパタパタ絵巻を見せてもらいました。
第3部はお手玉遊びとわらべうたの予定でしたが長丁場のため子どもたちも少なくなってしまい、お手玉であんたがたどこさをやったり個人プレーに走ったりしていました。

お手玉に喰らいつく子どもたち

おなじみS先生とようださん。

おはなし会はおもしろかったですが、時間が少し長かったかな?
ありがとうございました。

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »