« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月の記事

2012年7月31日 (火)

すくすくちびっこだより第24号作成会議

7月31日(火)子育て支援センターですくすくちびっ子だより第24号発行の打ち合わせがありました。
「すくすくちびっ子だより」とは箕輪町で発行している未就園児を持つお母さんお父さんのための情報誌です。
第23号の記事はこちら

記事の執筆は今までも編集発行をしている子育てママさん’Sと去年からは箕輪町の各子育て学級、子育てサークルが持ち回りで書いています。町役場子ども未来課の平澤さんの説明のもと、子育て支援センターの白鳥先生、編集にかかわっている西澤さんと沢区さわやかクラブ、上古田地区カンガルーキッズ、木下地区ぷちキッズの各子育て学級と子育てサークルひよっこ広場代表が集まり、内容をどうするか話し合いました。
熱い討論の末、大筋が決まりました。
原稿の締め切りは今月、発行は9月になります。
どんな内容になるか楽しみですね。乞うご期待!!

話し合いが終わった後のテーブルといす。
チビ

2012年7月30日 (月)

ひよっこ秋祭りの話し合い

7月30日(月)、役員Yさん邸で9月3日(月)に行なわれるひよっこ秋祭りの対策を練りました。
子どもたちが楽しめる祭りを開催したいので、R賀、福代表Yさん、快慶Oさんでがんばっています。
R賀が倒れたりいい案が出なかったらYさんとOさんが助けてくれなす。
ひよっこメンバーの皆さんもどうぞお願いします。

詳細はメールでまわします。
ひよっこ広場の活動を見たい、ひよっこ秋祭りに参加したい方も8月27日に参加締め切りの通達を出しますのでお待ちください。

みのわ祭り 花火編

夜午後8時からは番場原第2グランドで打ち上げ花火、午後8時30分からはみのわ天竜公園でみのわ手筒会による手筒花火大会が行なわれました。

みのわ祭り花火
みのわ祭り花火
みのわ祭り花火
みのわ祭り花火
花火
花火
花火
花火
花火
花火

R賀は浴衣着付け教室に行って浴衣が着られるのに諸事情で着れませんでした。来年は来て行きたいです。

みのわ祭り 踊り編

午後3時30分からみのわ祭り会場で踊りが行なわれました。
曲目は「箕輪天竜音頭」と「箕輪ワクワクソング」です。
私R賀はどちらも踊れないのでもっぱら見る人。

実行委員発表によると18団体1200人参加とのことです。
みのわ祭り踊り

会場中心道を東西に練り歩きます。
みのわ祭り踊り

みのわ祭り踊り

みのわ祭り踊り

西日が照りつけてすごい熱気です。
みのわ祭り踊り

箕輪町のキャラクターもみじちゃんをはじめ近隣市町村のゆるキャラも踊り連に参加していたようですが見えませんでした。なのでR賀一家がこの後で行った他のお祭りにいた某コンビニエンスストアのキャラクターを掲載。
みのわ祭り花火
こちらのお祭りでは、キツネのフェイスペイントをしてもらったり、うなぎを触ったり、雨に降られたりしてきました。

続く。

みのわ祭り 午前中編

7月28日(土)、町の夏祭り「みのわ祭り」が開催されました。
昨年は東日本大震災のため見合わせになったため2年ぶり開催です。
今年の祭会場は天竜川西沿いの松島日の出工専地区という工業団地で行なわれました。今までの場所は箕輪バイパスの一角だったんですが伊那市までつながる幹線道路がすべて開通したので使えなくなってしまったためこちらの会場になりました。

11時開幕でした。
会場入り口
みのわ祭り午前中

私が子どもと現地に行ったのは11時30分くらいでしたが、まだ人はまばらでした。
みのわ祭り午前中
この日は早朝は曇り気味でしたが、時間が経つにつれて晴れ間も見え、それに伴いぐんぐん気温も上昇。子どもは汗だく
みのわ祭り午前中

ステージの様子
みのわ祭り

隣の辰野町吹奏楽団によるステージ発表をやっていました。でも子どもが他のところが見たくてどこかへ行きそうだったので残念ながら発表は見れませんでした。
みのわ祭り

商工会青年部による海賊宝島ブースに行って見ました。
高級車ベンツのステッカー貼り
みのわ祭り午前中

痛車(いたしゃ)らしいです。
みのわ祭り午前中

扇風機付き発動自転車。ペダルをこぐと発電して手元の扇風機が回る仕組み。大人用、子供用がありました。
固定式なので実際走ることはできませんが、ダイエットや涼を呼び込むことに一役買っているそうです。
みのわ祭り

あれ?この海賊船は??先日見たような?
みのわ祭り

箕輪町はセーフコミュニティーを取得したことであらゆるところで安心、安全に暮らせる町づくりを目指しているので、このみのわ祭でも取り入れていました。本部席近くの救護所はもちろん、多目的簡易トイレの設置や乳児用の授乳場、オムツ換えスペース、ボーイスカウトによる迷子の捜索などがありました。現にうちの子どもも私と離れて歩いているところ迷子に見えたらしくボーイスカウトのお兄さんに心配されていました。すみません、保護者は20m後ろにいました。

会場がコンパクトなこともあり、知り合いに何人も会いました。町のお祭なのでこのくらいの規模で十分な気がします。あまり広いと駐車場からも遠かったり、子どもも歩きつかれて炎天下の抱っこ攻撃があったりしたら倒れます。ほんとに暑いので水分補給をしてください。
とりあえず1時間くらいで会場を後にしました。
続く。

2012年7月28日 (土)

七夕飾り

松島商店街に飾られている一月遅れで行なわれる七夕のお祭に使う笹。

七夕

三日町保育園ののんたんに行ってきました

7月27日(金)は三日町保育園の園開放日のんたんの日でした。今日は「おひさまとなかよし」です。
事前に保育園に内容の確認をしたところ、「水遊びはやらない」ということだったので帽子とサンダルだけ持って行きました。が、園に入ったらなぜかプールが用意されていました。園長先生のはからいで「ちょっと足をぬらしてもらおうと思って」とのことですが、水があれば子どもたち入りたがるよね。うちの子どもも例に漏れず洋服のまま全身ずぶぬれになりそうでした。寸前で引き上げ、仕方がないので普通オムツとランニングで水遊び。用意周到なおうちは水着を着ていました。

向かいで年少さん年中さんが大きいプールで泳ぎに慣れる練習、横で未満児さんが中くらいのプールで水に慣れる練習、そしてのんたんっこがたらいで芋洗い状態。
三日町保育園

三日町保育園

在園未満児さんが上がった後の中くらいのプールを貸してもらって遊びまくる水も滴る3人娘。
三日町保育園

広間には本を読むスペースもありました。
三日町保育園

広間のステージには先週末の夏祭りの余韻がありました。「にじいろのさかな」のオブジェ。
三日町保育園

三日町保育園の先生方、在園児の皆さん、どうもありがとうございました。

木下南保育園ののんたんに行ってきました

7月25日(水)、木下南保育園の園開放日のんたんに行ってきました。今日は「水遊び」です。
昨日の木下北保育園とは同じ地区にありますが、南保育園のほうが坂の上のほうにあります。
先週末保育園の夏祭りがあったようで、広間にはそのときのアトラクション、迷路が残されていました。

迷路

新聞のプール

在園未満児さんの水遊びが終わった後プールを貸してもらいました。

大きいプール。人数が多くて芋洗い状態。

今日は木下地区の子育て学級、木下ぷちキッズ活動日がのんたんだったらしく、お友達がいっぱいでした。
というか、実はR賀もぷちキッズメンバーです。

小さいプールも用意してくれてありました。プールが怖くてお母さんにしがみついているひよっこメンバーSくん。

でも少ししたら慣れて水に入れました。

園庭から望む外観。
南保育園

夏祭りで展示したという巨大海賊船。園長先生に聞いたところ、箕輪町内の企業からの借り物とのこと。
南保育園

実はイルミネーションです。昨年隣の南箕輪村大芝高原で行なわれたイルミネーション祭典に出展した力作です。
南保育園

点灯した様子。(昨年のイルミネーションより)
南保育園

保育園のイルミネーションは残念ながら27日で解体されるそうです。
木下南保育園の先生方、園児の皆さん、楽しませてもらいました。ありがとうございました。

2012年7月26日 (木)

木下北保育園ののんたんに行ってきました

7月24日(火)箕輪町木下北保育園の園開放日、のんたんに行ってきました。
今日は「みんなであそぼう」でした。
先週末保育園で夏祭りがあって、そのとき使用した広間(遊戯室)いっぱいに広げられた迷路やらくらくボーリングで遊びました。
9組くらいの親子が来ていました。

保護者会が作ってくれた力作迷路
木下北保育園

子どもたちの力作壁画
木下北保育園

園内どこでも見てまわってよいと言ってもらったので、広間だけでなく各教室も見せてもらいました。在園児さんはのんたんで遊びに来てくれた未就園児さんを大歓迎してくれました。

外遊びをしている子もいました。のんたんの日は本当に自由に遊ばせてもらっています。
滑り台も人気です。
木下北保育園

園庭にあるケヤキの巨木。南宮神社の管轄の御神木なので登れはしませんが、気持ちよい木陰を生み出してくれます。過去の南宮神社の記事はこちら→本殿公開編例大祭編
木下北保育園

9時30分~11時までたっぷり遊ばせてもらいました。
7月下旬ともなれば長野県といっても暑いですわ→標高はこちら。先週は隣の伊那市で34.6℃くらいあったらしいし。
水分補給を心がけましょう。
でも、深夜は涼しい日が多いです。窓を開け放しで寝るのは防犯上も良くありません。


のんたんの日について。
保育園によって決められた日に未就園児さんなら誰でも参加して良い開放日です。
来年度年少さんになる子どもはもちろん、0,1,2才児の方もぜひ行って園の様子を見てみましょう。
R賀は持ち物である子どもの上履きがなくて行かれないと思っていたことがあったのですが、子どもの靴はなくても大丈夫です。ほとんどの子どもは持ってきていないと思います。屋内はみんな靴下かはだしで走り回っています。汚れが気になるならふいてあげたり帰ってから洗ってあげれば良いです。園内に画鋲が落ちていることもあまりないと思います。


2012年7月24日 (火)

第7回ひよっこ広場「大芝高原のプール」

7月23日(月)ひよっこ広場は「大芝プール」でした。
朝曇り空で微妙な感じでしたが、水温22℃以上なら開場なのでひよっこ副代表のYさんに大芝に確認してもらったところプールは開けることだったのでやることにしました。時間が経つにつれて日も出てきて気温もがんがん上がりまさに絶好のプール日和になりました。

R賀は行かなかったのでひよっこ会計のOさんにお願いして雰囲気を報告してもらいました。

5組のひよっこメンバーで楽しんできました。風もあって外は暑すぎずちょうど良かったです。最初はみんなしり込み気味だったけど徐々に慣れてきました。
Oくんは滑り台にチャレンジ。ちょっと泣いちゃったけれどがんばりました。
Sくんはお母さんに抱っこされて滑り台にチャレンジ。水がかかったのに泣かずにすごいっ浮き輪にも乗っていたね
Kくんはママと先週来て慣れていたようだけど今日は調子が出なかったみたいで、プールサイドで楽しく遊んでいました
Sちゃんはママと手をつないでプールの中を楽しそうに歩き回っていました。水が全然平気そう
Tくんはなかなか入れずだったけど、じょうろで遊んでいて水を汲もうとして頭から2回も落ちましたでも泣かずに平気だったからみんなにほめられました。みんなを和ませてくれるTくんです。
人数少なかったけどみんなまとまって遊べて楽しかったです

ひよっこ役員のY副代表さん、O会計さん、レポ報告してくれてありがとう。これからも頼みまっす。

着付け教室に参加しました

7月23日(月)箕輪文化センター和室で『夏祭り直前企画 ゆかた着付け教室』があったので参加しました。受講料/100円、参加者20名くらい。

講師は箕輪町の呉服店主の関先生です。穏やかで凜としていてステキな先生でした。お召し物はゆかたではなくシャリ感のある濃茶の夏着物。帯は白地の半幅で貝の口(間違っていたらすみません)。扇子で煽いでいる姿は粋でした。
今回は午前9時から12時までの3時間、一回の単発講座なのでゆかた着付けの基本中の基本を教わりました。
先生が言うには「本来ゆかたの着付け習得時間は最低8時間は必要」なのですが、今回は3時間だけなので細かいところは省いて一人で着て帯まで締めるところまでできるようにすることを目標として教わりました。

<前準備のポイント>
①ゆかたに必要な道具はすべて揃っているか確認する、使う順番に並べる、しゃがまずにすぐ手に取ることができるように背もたれいすなどにかけておく。
②ゆかたの袂をクリップ(もしくは洗濯ばさみ等)で上に留め上げる。(邪魔にならないように)
③まったくの初心者は絶対に先生や着付けができる人から教わること。本を見てやろうとしてもわけがわからないため。

<着付けのポイント>
①下着をつける。和装下着がなければキャミソール、スリップで良い。
②補正をする。バスト下に紐を挟んだタオルを巻く。補正がないと浴衣姿が不恰好だったり着崩れしやすい。タオルだと吸汗作用がある。
③すそはかかとが見える程度上げる。
④衣紋はこぶしひとつ分くらいあける。
⑤衿はのどのくぼみが隠れるようにあわせる。
着付け教室

帯結びは羽根付き一文字を教わりました。
着付け教室

「ゆかたを着たいけれど着方がわからない」「教えてくれる先生がいない」というママたちの声から支援センターの先生経由で公民館講座となったこの教室、託児付きという事もあり子ども8人いました。すごい騒ぎでした。支援センターのS先生と、託児といえばこの人というHさんが必死にあやしてくれました。ありがとうございました。

そして、3時間で浴衣を着る、帯を締める、脱ぐを2回やりました。参加者は皆真剣でした。和室3部屋ふすま、障子を閉めてクーラーを効かせて受講しましたが、汗だくでした。

先生からのアドヴァイス
・着付けをするときは手順を一つ一つ確認しながらゆっくり行なう。急いでやろうとすると間違えたり、きれいにできずにやり直ししなければならないので、かえって時間がかかるため。
・何回も着てみる。10回より11回、100回より101回着た方が上達する。回数を重ねることで手や身体が順番を覚えてきて早くなる。
・お出かけしてみる。これからお祭が多く浴衣で出かける絶好の機会がある。他人の浴衣や帯結びなど、今までとは違う視点で見るようになる。反対に自分にもそういう目が向けられることにもなる。
・履物は下駄かおしゃれサンダルにする。履き慣れていないと鼻緒づれを起こすので、絆創膏を携帯する。

ひよっこメンバーも上手に着られました。
着付け教室

浴衣を脱いだら衣紋掛か大きなハンガーにかけて乾かしましょう。乾かさずにしまうとかびます。

私R賀は独身のころ着付けを教室で習っており多少の心得はあったのですが、行かなくなってから何年も経つし子どもが生まれてから浴衣を着る機会は全くなかったので、今回思い出すために参加しました。でも意外に思っていたよりも着られました。でも先生に教えてもらって再認識したこともあり、良かったです。

関先生、どうもありがとうございました。
3時間の長丁場、参加者の皆さんとお付きの子どもたち、お疲れ様でした。

2012年7月21日 (土)

スタインウェイ夢クラブの感想

参加者から感想メールをいただいたので掲載します(抜粋)

AちゃんとKさん親子より
普段触ることのできないような超高級ピアノの音を思いがけず子どもに聞かせてあげることができて本当にうれしかったです。あまりに久しぶりにピアノに触ったので思うように弾けなくて残念です。R賀さんの弾いているのを見て練習して弾いてあげたいなーと思いました

MちゃんとKさん親子より
貴重な体験でしたあんな大きなステージに立つことも客席で走り回れることも滅多にないですもん子どもはピアノの構造、中身を初めて見て面白かったのかピアノ線をいじりたそうにしていて、”その気持ちわかるよっ!!”って感じでした。親子連弾タイムもカエルの歌を一緒に歌ったり親子で楽しめました。R賀さんが弾いてくれたとき、子どもが「アンパンマン!!」って叫んで喜んでいました。また聞かせてください

YちゃんとUさん親子より
ピアノ楽しかったです。グランドピアノは日頃触ることがないので、いい体験ができました。子どもも楽しそうに弾いてくれたので行って良かったって思いました

楽しんでもらえてこちらもうれしいです。

前記事と同じピアノの画。

進行を考えたのが前日の夜で、当日までに間に合わないかと思いました。行き当たりばったり気味な進め方ですみません。そして、この日まで1度も練習をしていなかったので指がもつれてうまく弾けなかったところはみんなのフォローで助けてもらいましたよ。こちらこそありがとうございました。

スタインウェイ夢クラブに参加しました

7月20日(金)箕輪町文化センターの「スタインウェイ夢クラブ」に行って来ました。
これは箕輪町の生涯学習文化事業の一環で、文化センター大ホールステージ上でグランドピアノ「スタインウェイ」を弾くことができるまさに夢の企画です。1年に1度、公開期間は5日間のうち1時間の枠で自由に弾けるということで、普段ピアノに触れる機会の少ない子どもたちにとっていい機会だと思いたちました。センター事務局にサークルの親子で使用しても良いか問い合わせたところ許可が出ましたので、課外活動としひよっこメンバーに呼びかけてみました。
参加してくれたのはひよっこ広場の見学を兼ねて来てくれた1組を含む6組の親子でした。

名器スタインウェイ。ライトの効果もあり重厚さを増しています。

本日の進行①ステージに上がる②挨拶をする③子どもが自由にピアノにさわる④発声練習をする⑤歌を歌うⅠ⑥親子で連弾風にピアノの前に座る⑦歌を歌うⅡ⑧記念撮影をする⑨挨拶、という構成案

自由にピアノにさわる子どもたちとなだめる親。
ピアノ

鍵盤よりもピアノの構造に興味がある?Mちゃん
ピアノ

子ども3人の珍連弾。
ピアノ

歌のⅠ部はは季節もので・うみ・たなばた・かもめの水兵さん・夏は来ぬ。Ⅱ部は大好き・アンパンマンマーチ・あしたてんきになーれ(おかあさんといっしょより)を元気よく歌いました。

4ヶ月のAちゃんと参加してくれたKさん。
ピアノ

記念写真(R賀は写っていません。)

子どもたちはピアノも大好きだけど500人収容の大ホールにも興味があり、階段を上へ下へ駆け回ったり、上部の席で聴いていたり、空間を余すところなく使わせてもらいました。
参加してくれた皆さん、ありがとうございました。

使用料は1枠600円です。非常にお得だと思います。
秋にも「スタインウェイ演奏会」みたいのがあるような・・・?詳しくは文化センターに問い合わせてください。

2012年7月19日 (木)

こぶたクラブさんの活動に参加しました

7月19日(木)に箕輪町の有志子育てサークルこぶたクラブさんのフリーマーケット&見学会にお邪魔しました。
ひよっこ広場のYさんとOさんに声をかけて一緒に行きました。
フリーマーケットは各自持参し並べたものを吟味し欲しいものに付箋をつけて、付箋が一つしかついていなければその人のもの、複数ついていればじゃんけんで勝った人がいただけるという無料交換会でした。
参加者が持ち寄ったものは洋服はもちろんのこと日用品やおもちゃまで幅広かったです。
私も何枚も付箋をつけてじゃんけんで勝ち取ったもの全部あわせて7品くらいいただきました。
そのうちの一つ歯磨き粉。

ひよっこ広場でもやってみても面白いかも。

しかし朗報です。

8月22日(水)箕輪町子育て支援課主催の無料交換会&♪ドレミファそらまめ♪コンサートが行なわれます。時間は未定(たぶん10時30分くらいだと思います)場所は箕輪町文化センター1階学習室で予約不要、参加無料です。無料交換会も楽しみですが、♪ドレミファそらまめ♪のコンサートも必見です。♪ドレミファそらまめ♪とはお子さんがいらっしゃる音楽好きなママたちによる歌や楽器のアンサンブルです(紹介文参照)。去年梅雨時期にも交換会とコンサートが行なわれ大盛況でしたので今年もお願いしたそうです。プロといっても良いくらいの音楽の腕前と魅了される舞台構成、一言では言い表せられませんので、8月22日是非行ってみましょう私R賀のママ仲間がそらまめメンバーなので推しています。
 
 
「ドレミファそらまめ」の新ブログbyM船長に詳しく面白おかしく載っています。今すぐ検索してね

2012年7月18日 (水)

生協病院の子ども広場に行ってきました

7月18日(水)第3水曜日がやってきました。上伊那医療生協病院のわくわく子育て広場の日です。
先月の記事はこちら。今年度からの名称は「わくわく子育てひろば」になりました。

始まってから30分くらい経ったところにおじゃま~。今日は「チジミをつくろうー食事の話」でした。
チジミとはニラの入った薄焼きのこと。長野県北信地方ではニラを入れた薄焼きは”ニラせんべい”としてメジャーらしいけど箕輪町のある南信ではどうでしょう?そもそもチジミとニラせんべいの違いはなんなのか?発祥地の違い?かなあ今日作ったのはチジミという名前のニラが入った薄焼き。

チジミを焼く参加者。

歓談する参加者。

手づかみで食べようとするうちの子ども。


今日の献立はニラせんべい、おかひじきのおひたし、朝採りきゅうりとにんじんのスティックベジタブル。

おかひじきは野菜の一種なんだけど時期モノなので今旬のときしか口にすることはできないので、見つけたら調理してみてね。おかひじきの画像はこちら
そんなひょろひょろしたおかひじきなんですが、実はカルシウムがたっぷり含まれているそうです。同じ重量の牛乳と比べても格段に多いです、という説明をしてくれるわくわくひろばのスタッフさん。

赤ちゃん時の歯の生え始めはかゆいらしいですね。そういう時スティックベジを持たせてあげるとおしゃぶり代わりになって良いらしいです。でも離乳食の進み具合によっては野菜は早すぎたり、ゆでたものにするなど注意が必要です。もっと詳しくは乳児健診時の栄養指導で教えてくれます。

今日もたくさんのおもちゃに遊んでもらいました。右に写っているのは1番人気の押し車一人で押したり前にお友達を乗せて押してあげたり遊び方無限大∞。

今日も楽しい時間を過ごすことができました。
どうもありがとうございました。

「わくわく子育てひろば」毎月第3水曜日 10:00~13:00(途中入退場可)場所:木下公民館
参加無料どなたでも気軽にお越しください。申し込み不要。

今後の予定案
8月29日(水) 夏祭り
9月19日(水) 箕輪町雅秋園にてぶどう狩り
10月17日(水) 子どもの病気と薬の話
11月21日(水) 子どもの身体の悩み相談・小児科の先生のお話
12月19日(水) クリスマス会
1月16日(水) 歯の話
2月20日(水) 親子で遊ぼうリトミック
3月13日(水) まとめの会(公開講座)と健康チェック
配られた年間予定案参照にしました。

お問い合わせは上伊那医療生協組合員センター Tel.79-8702


2012年7月17日 (火)

プール遊びをしました

7月17日(火)、箕輪町の地区子育て学級「三日町・福与プーさん」のプール遊びに誘われた「木下ぷちキッズ」のメンバーKさんに誘われて福与公民館に子どもプール遊びに行ってきました。(回りくどいよね)Kさんはひよっこメンバーでもあるのですけど。
福与公民館は結構標高が高いところに位置していて、天竜川や箕輪バイパスが眼下に見渡せます。私がよく買い物に行くベルシャインや綿半ホームセンターも小さく見えました。
そんな高いところでプールは寒くないかしらと思ったのですが、意外に風も吹かずむしろ太陽が近くて焦げるくらいでした。
今日の参加者は10組くらいでした。
プーさんメンバーが持ってきてくれたプールに水を張ってみんな大はしゃぎ。水道の水も蛇口から出るのは陽気のせいですでにお湯
おもちゃもあってホント楽しそう。
プール

大きいプールが苦手な子用に小さいビニールプールも用意してありました。水着になりたくない子は甚平で水浴び。お母さん、心が広いわ。
プール

うちの子どもは顔なじみのYちゃんの頭に水をかけてあげてました。Yちゃんは嫌がってもちろん大泣きですごめんねYちゃん。
プール

25分くらいで切り上げました。なんせ真夏日で、ニュースでも毎日のように熱中症のことが報道されているからね。

その後は広場に入って座談会。「子育てでの悩み、相談事」の議題で行ないました。
子どもたちは広い部屋でおもちゃ三昧でした。
プール

プール遊びはとても楽しく、また福与地区という箕輪のことを知ることができました。
プーさんのメンバーさん、ありがとうございました。

2012年7月16日 (月)

天竜公園で遊びました

7月16日(海の日)にみのわ天竜公園に行ってきました。
みのわ天竜公園は、十沢橋のきわの天竜川沿いにあります。
天気が良くて絶好の公園日和と思って行ったのですが、予想外にすきすきでした。

みのわ天竜公園
天竜公園

ふれ愛広場。クローバーのじゅうたんです。
天竜公園

天竜公園


小高い丘もあります
天竜公園

みのわわくわくソングの石碑。
天竜公園

大理石(調?)のすべり台。炎天下では肉が焼けそうなほど熱くなっているのでとても注意してください。
天竜公園

池には鯉がいます。
天竜公園

木もあるので木陰で休めます。
天竜公園

7月28日に箕輪町の夏祭り「みのわ祭」が天竜公園の周りで行なわれるので、行きましょう。

2012年7月15日 (日)

箕輪南宮神社例大祭

木下地区にある箕輪南宮神社で7月14日(土)は宵祭、7月15日(日)は本祭が行われました。先月南宮神社の公開を見に行ったときの記事はこちら

私は15日の本祭に行ってきました。10時についたら神殿の前で祭儀を行なっていました。
箕輪南宮神社例大祭

本殿アップ
箕輪南宮神社例大祭

本殿ズーム
箕輪南宮神社例大祭

おみこしも見たかったけれど時間がなくて退散~。
箕輪南宮神社例大祭

宵祭では子どもたちによる花笠踊りがあったそうです。本祭の前に木下公民館前を通ったら華やかなカラフルの子どもみこしが並んでいました。

2012年7月14日 (土)

おはなしこんにちは

7月14日(土)、箕輪図書館世代間交流室にて「おはなしこんにちは」が開催されました。
「せせらぎの会」というグループによる読み聞かせ、手遊び、紙芝居、ペープサート、工作をしました。

おそろいの衣装の会の皆さん。
おはなしこんにちは

みどりマントのピーマンマンの大型絵本。
おはなしこんにちは

ペープサートは「森の音楽家」みんなでふりつき合唱しました。
おはなしこんにちは

ハナコプターの工作、思ったより良く飛びます。
おはなしこんにちは

毎月第2土曜日に行なわれています。来月も楽しみですね。

2012年7月13日 (金)

お花寿司

ユママさんとは別人のIさんからお花寿司の写真をもらいました。

トンボとアンパンマン
お花寿司レポート

アンパンマン
お花寿司レポート

食べるのが申し訳ない感じですが、おいしくいただいていました。
Iさん、写真をありがとうございました。

♪ユママコユママの仲良し楽し♪お花寿司レポ

今までも楽しい支援センターで遊んでいる様子をメールしてくれているひよっこメンバーYnaちゃん=ユママコちゃん、Ynaちゃんのママ=ユママさんにお願いしてエッセイという形で1つのコーナーを作らせてもらいました。タイトルは「♪♪ユママコユママの仲良し楽し♪♪」にしました。(タイトル命名はR賀です。)ユママコちゃんとユママさんこれからも楽しい時間の様子のエッセイを送ってください。お願いします。

早速7月13日(金)に支援センターで行なわれたお花寿司の講座の様子をレポートしてくれたものを掲載します。
遅くなってほんとにいつもすみません

お花寿司講習会
支援センターへ久々に行ってきました
今日の目的は、お花寿司作り。
前回、他のママさんに
「先生が、スパルタで進みも早いけど、とても楽しかったよ」
って聞いていたので、楽しみにしてました!
子供は、ママが居なくても平気な子は、先生が見ていてくれるみたいで、ママが居なきゃダメかなって子は、おんぶしなきゃなんだけど…
 
ユママコは、ママじゃなくても平気みたいだったので、先生にお願いしてみました
 
 
講師の先生は、ばぁばのキッチンの先生(名前わすれちゃった…)。
材料費が700円かかりますが、全部用意してくれました(ただ、ソーセージの回りのビニール取りは一人一本、自己責任で。折れちゃう事があるので…)
 
今日のデザインは
☆トンボ☆
☆アンパンマン☆
(本当は、カタツムリだったみたいだけど、材料のタマゴが食中毒になりやすいので、変更)
 
さっそく、先生の言うとうりにチャレンジしましたが、難しい(*_*)
言われていたとおり少し怖かったけど、きちんと教えてくれました。怖かったのは、子供のシツケの部分だけ。作ってる最中に触らせないとかの部分ですね。
完成作品は、アンパンマンの顔が怖くなったのと、トンボの歪んだのですね。
初めてにしては、まぁいいかなと言うことで(^_^;)
 
作ってる最中、ユママコは、先生やお友達と遊んでくれてて助かりました。先生やママさん方ありがとうございました!
 
試食も美味しく頂きました!
次回も参加します!!
先生ありがとうございました!
 
 

ユママさんとYちゃんママと参加者のおいしい写真
お花寿司レポート

ユママさん、どうもありがとうございました。

2012年7月12日 (木)

幼稚園のプール遊びに行ってきました。

箕輪町の北隣の辰野町にある聖ヨゼフ幼稚園のふれあい保育「ぷールで水遊び」が7月12日にありました。梅雨前線が活発で大雨暴風雨の中行きましたが、奇跡的にその時間は小康状態で何とかたどり着くことができました。

この園のプールは屋内で全天候型。ステキだわ。
プール1

うちの子供は大きなプールは初めてだったけれど何の迷いもなく入っていました。
園長先生の持つフープをくぐる子どもたち。
プール1

プール1

大きなプールが怖い子用にビニールプールもありました。
プール1

後半ではヨーヨーが投入されて子どもたちはさらにヒートアップ!!
プール1

一人1個の声も聞こえません。
プール2

30分の遊びが終わり、参加者はホールに集まりました。毎回すごい人数です。
プール2

プール2

読み聞かせは大型絵本「おべんとくん」。
プール2

子どもたちにはおやつも出ます。今日はサラダせんべいと子ども牛乳。

帰り際に園長先生と会ったのでお話しました。明るくおおらかな絵本大好き園長先生です。
プール2

楽しいです。皆さんも機会があったらぜひ行ってみて下さい。次回は7月25日(水)に「園開放」日があります。子ども用品のリユース会もあります。

2012年7月11日 (水)

ばぁばのキッチンに参加しました

7月11日(水)に「ばぁばのキッチン」に行ってみました。お料理の集いがあるのは知っていましたが気になりながらもきっかけがなかったので無関係でいましたが、前回参加したお母さんが「良かったよ~行ってみようよ」と声をかけてくれたのでママ仲間5組で参加してみました。

ばぁばのキッチンとはその名のとおりばぁば先生が主宰で参加者にお料理を教えてくれるところでした。ばぁば先生ことおおき先生は支援センターでお花寿司の講座を教えている先生です。
今回の講座は17人の参加です。お料理大好きサークルという感じでした。
一緒に参加したママ仲間は4ヶ月から2才までの子どもと一緒でした。しかし私R賀は子どもを今日お休みだったダンナとリトミックの教室に一緒に行かせてのびのび一人での参加。身軽でした。

今日の献立は「日本のカレー」「トマトスープ」「鶏肉の大葉みそ巻き」「切り干し大根のからしごまドレッシングサラダ」です。参加料500円。
皆さん長年やっているようで手際とチームワークが良かったです。
キッチン1

意外!ガスレンジではなくIHクッキングヒーターでした。
キッチン1

「日本のカレー」ナスとあぶらげ入り。中辛ルーと辛ルーのあわせ技。
キッチン2

夏らしい献立です。
キッチン2

一緒に参加したママ仲間たち。
キッチン2

子どもにはちょっと辛かったね。
キッチン2

おいしかったです。ごちそうさまでした。
また機会があれば参加したいです。

ダンナに子どもをリトミックに連れて行った感想を聞いたところ、「リトミックがあんなにハードで長時間なものとは思わなかった。疲れた」と言っていました。ただ遊んでいるだけではないのである。

わらべうたで遊ぼう!に参加しました。

7月10日(火)ひよっこ広場の図書館見学が終わった後、近隣の箕輪町文化センター和室で保護者セミナー「わらべうたで遊ぼう!」が開催されたので行きました。
講師は榎田光代先生です。先生は幼稚園保育園での教育に長年携わり、現在はわらべうたの普及に尽力しています。
私たち親子は2才以上の親子の会に参加しました。無料です。13組くらいの親子が集まりました。ひよっこメンバーも4組参加です。

榎田先生がおっしゃるのには「わらべうたの効能」とは心が豊かになる人の話を良く聞くようになるなど。テレビがお子守になると何事にも集中できない子に育ってしまう、とのこと。

「ふくすけさん」という北海道のねんねのうたを教えてもらいました。足の指を2回づつつまんで眠りにいざなう唄なんだけど、お母さんの歌声の心地よさと足指をさわると血液循環が良くなるという効能で安心して眠りにつけるそうです。
たくさん手をかけてあげたり大事に触ってあげると、未来に返ってくるといいます。

今回も出ました。町のわらべうたの会ではすっかりおなじみのスカーフです。榎田先生が子どもたちの名前を呼びながら1枚づつ配ってくれました。
わらへ

わらへ

スカーフをふったり放り投げたり、かぶったりして子どもたちは大喜びです。
わらへ

わらへ

最後に町のわらべうたの会の講師千葉先生と榎田先生がすばらしい歌唱を披露してくれました。「ねんねこせ、おんぼこせ」という宮城県の子守唄なんですが、子どもをあやすために生まれた呟きが合唱曲にまでなるなんてすごいなあと思いました。もちろん先生方のお唄もすばらしかったです。
どうもありがとうございました。

第6回ひよっこ広場 『図書館見学』

7月10日(火)第6回「ひよっこ広場」で図書館職員による図書館見学と読み聞かせを行いました。
しかし、中身は非常に期待はずれなものでした。
書くに値しないので記述しません。
「図書館は素敵なところ、本を読むのは楽しいこと」「読育」には程遠いと思いました。

司書による読み聞かせはみんな熱心に聞き入っていました。

読み聞かせをする部屋「世代間交流室」にてくつろいだり絵本を探すひよっこメンバー

正面入り口にひと月遅れで祝されるであろう七夕飾り


2012年7月 7日 (土)

プラネタリウム観賞&感想

7月6日(金)にひよっこメンバーHさんの発案で、近隣の伊那市にある伊那文化会館プラネタリウムに行きました。私R賀は参加できなかったのですが、行った人たちから感想を聞きましての報告です。

7月6日プラネタリウムはひよっこ広場と箕輪町子育て学級の木下ぷちキッズ、三日町福与プーさんの3会有志メンバーが参加し、約20組の親子が集まりました。
プラネタリウムは前半は夏の星空解説、後半は「月の魔法とサンゴの海ーカルオカ’ヒナの大冒険」が上映されました。
星空解説は頭上のドーム型スクリーンに映し出される星空に圧倒されました。残念ながら星空に詳しくなるとこまでは極められなかったのですが、とても興味深かったです。

後半の映画は海の中のサンゴ礁や魚が出てくるアニメ仕立ての番組でした。メガネをかけていなくても立体的に見える映像でした。ちょっと車酔いのような感じを受けたので弱い方は注意です。

プラネタリウムを見るのは久しぶりだったのでいい経験をしました。
子どもたちが怖がらないように真っ暗にしないなどの配慮があったので良かったです。でも初めての経験に泣いちゃった子もいました。
プラネタリウム上映は通常週末祝日しかやっておらず入館料は230円ですが、予約貸切の上に団体割引もきいて180円になっていたのでお得に見れました。

10組くらいに聞いたところ、全員が高評価でした。
季節によってプランが変わるとのことなので、秋にまた計画を立てて行っても良いですね。
Hさん、楽しい企画をありがとうございました。

<参考>夏の星座(作製物)

2012年7月 3日 (火)

町の地区子育て学級での「助産師の話」に参加しました。

7月3日(火)に箕輪町の地区子育て学級の一つである三日町、福与地区のプーさんにおじゃましました。
この日は例会で「助産師をお招きしてお話を伺う」計画があるので参加どうですかという招待を受けて、我がひよっこ広場から3人参加しました。他にも町の有志サークルである「こぶたクラブ」さんからも参加者があり、総勢20組くらいが三日町公民館に集合しました。

三日町公民館に入ると子どもたちのおもちゃがたくさん広げられていました。ボールプールやアンパンマンの乗馬、ジャングルジムなど大型遊具があって、参加した子どもは喜んで遊んでいました。

今日の講師は、助産師、市村さんです。市村さんはこの日参加した子どもたちと同じくらいの年齢の娘さんと息子さんたちを育てている、母親としても同世代のお母さん助産師さんです。

今の助産師としての仕事は「命の講座を地域に広める」ことで、子育てサークルや保育園でお話しているそうです。
参加者に質問したところ、助産師の仕事のイメージというと出産時の介助や妊娠中の産院でのケアなど出生に関する事項が挙げられました。市村さんによると助産師の定義は『女性が幸せに過ごせるためにサポートすること』だそうです。それは妊娠、出産のアドバイスはもちろん、生理の悩み解決、更年期や思春期の女性をサポートしたりすることだそうです。

本日は「どんなときにイライラするか」という題目のもと、4つのグループに分かれて討論し、発表したものに市村さんがアドバイスをしてくれるという形式で進められました。ちょっと長くなるので、略。みんな子どもやダンナさんのことで~~~しているんだんあという印象を受けました。(~~~の部分は想像にお任せします)

市村さんはそんな愚痴にも似た意見に対して、ホワイトボード書き出し解決法を導いてくれました。

市村さんに熱心に質問するメンバー。

市村さんのお勧めの本「オニババ化する女たちー女性の身体性を取り戻すー」(三砂ちづる著)

市村さん、貴重な体験をありがとうございました。
プーさん、招待してくださりありがとうございました。また機会があったら、合同で何かしましょう。

2012年7月 1日 (日)

藤田浩子さんのお話会

6月30日(土)に箕輪町で開催された「藤田浩子おはなし会」の様子をTさんSくん親子にレポートしてもらいました。

約100名の来場者があり、中高年層が7割、子供連れのママが3割で、私の目には男性は見かけませんでした。子供は赤ちゃんから小学生まで幅広く居られました。
会場には藤田さんの本の即売コーナーも設けられていました。

会場入口で毛糸のあやとり紐(遊び方メモ付き)を子供と自分用といただきました。
自作の紙おもちゃを使った藤田さんの自己紹介から始まり、手遊びやあやとり(腕に巻いた状態から手品のようにスルリと外す)などみんなでやってみました。

このあたりで私は退室してしまったので、後半は未知です
藤田さんはツヤのある真っ白な髪と太陽を浴びたお顔が印象的な方でした
話し声にも抑揚があり、突然の子供のつっこみにもしっかり対応されていて、会場内は盛り上がっていました。
熱心に見聞きしている方がとても多かったと思います。

Fw:藤田浩子さんのお話会枻

Tさんありがとうございました。ブログUP遅くなってごめんなさい。

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »